上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Torped.2019-2020 zenhankojin

リーグの前半の個人記録です。

得点王争いでは昨年の得点王フィエッロとトルペドの若手FWレベデフがレベルの高い争いを繰り広げています。

トルペドの選手ではレベデフ以外ではヴォロヴィク、コピロフの名前を見ることができます。

 

Torped.2019-2020 zenhankojin(torped)

こちらはチーム内の個人記録です。

得点王を争っているレベデフの活躍が目立ちます。18試合で18ゴールというもの凄い決定力。これでまだ18歳というのだから恐ろしい。

そのほかではネネ、ヴォロヴィク、今季復帰したコピロフがなかなかの活躍を見せてくれています。

 

Torped.2019-2020 zenhankojin(torpedEurope)

こちらはELでの個人記録です。

リーグ戦では1得点と結果を残しているとは言いにくいムニョスがこちらでは大活躍。

その他オコロ、サルシド、カダオンなどの奮闘も目立ちます。

こちらで評価の高い選手はプレッシャーに強い選手ということで良いのかな。

 

Torped.2020.2.13

ゼニトがコンソーシアムによって買収される。もう強豪チームでは買収されてないチームのほうが少なく感じます。

 

Torped.2020.1.30

なかなか活躍していた左SBのヌワンコが4ヶ月の怪我で今季絶望…

 

冬の移籍

 

DF アンヘル・フェルナンデス (外国籍)

Fernandez(2019-2020)

パラグアイのOlimpiaから獲得した左SB。バランスの取れた能力を持ちレギュラーとしての活躍が期待できそう。

 

MF スタニスラフ・リジコフ

Ryzhikov(2019-2020)

ロシア1部のRotorから獲得したトップ下。冷静さとオフザボールが高いなど生成選手では珍しいような能力の持ち主。

 

フェルナンデスは怪我をしたヌワンコの代わりとしての獲得。契約切れ前だったので3.5Mという格安での獲得。

リジコフは前々から少し気になっていた選手で200Mをはたいての獲得。決定力がもっと高くなれば面白い選手になりそう。

そのほかにも移籍希望を出したGKカルーロを放出し、ホンジュラス人GKのゼペダを24Mで獲得しました。

 

Torped.2020.2.18

リーグ再開直前にFWチャベスが1ヶ月程度の怪我。怪我するならもう少し早くしろや!いや怪我しないのが一番だけど!

 

次回はシーズン再開から終了までをお送りします。ELの決勝トーナメントもあるよ!

スポンサーサイト

コメント - 2

通りすがり  2013, 07. 10 (Wed) 20:47

質問なんですけどウィンターブレイク中は親善試合とか組んでますか?

編集 | 返信 |  

わわらば  2013, 07. 17 (Wed) 13:03

>通りすがりさん

主にモスクワ勢のクラブと親善試合を組んでます
地味に良い収入になってます

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。