上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Russian Premier league 2018-2019

優勝はスパルタク・モスクワ。これで5連覇です。どこからどう見ても黄金時代ですね・・・

そして2位は我らがトルペド・モスクワ。序盤はやや躓いたものの徐々に調子を上げ最終的にCL出場権を手に入れました。

ELに出場するのはアンジ、ゼニト、ロコモティフ・モスクワ、CSKAモスクワ、そしてフェアプレーのなんとかでクリリヤ・ソヴェトフ。

CSKAはシーズン中盤まで中位に沈んでいましたが最後の10試合でなんとかEL出場までこぎつけました。

2部との入れ替え戦に臨んだのは昨年6位でELに出場していたクバン、アムカル・ペルミでどちらも2部のチームに破れ降格しました。

残りの降格チームはシンニクとガゾヴィク・オレンブルグ。

初昇格のガゾヴィクは最初の10試合で2勝をあげるなど序盤は健闘していましたが、そこから1個も勝てずぶっちぎりの最下位に沈んでしまいました。

 

 

Torped.2018-2019 kojin

得点王はスパルタク・モスクワのメキシコ人ストライカー、カルロス・フィエッロ。wikipediaの日本語記事があるくらいには有名な選手のようですねw

そしてアシスト王はヴォロデンコフ。個人技だけではなく味方も活かせるということを証明しました。

トルペドの選手ではあとキーパス数の項目でビビロフ、キーヘディング数の項目でネネがランクインしています。

 

Torped.2018-2019 kojin(torped)

こちらはチーム内の個人成績です。

GKでは今年もカレーロが故障せず1年間ゴールマウスを守りきりました。

DFではネネが平均評価7.47を記録し、守備の中心として活躍しました。その相方のガジベコフは全試合に出場したものの評価はそこまで上がりませんでした。

長身でヘッドがうまいCBの評価は上がりやすいというのはなんとなくわかったが、あまり上背のないCBはあまり評価されないのかな?

MFではボランチ2枚は守備でチームに貢献し、2列目の二人もなかなかの得点力を見せてくれました。

FWではヴォロデンコフの13ゴール11アシストという数字が目立ちます。序盤は師匠でしたが最終的にここまで乗せてくるところは流石エースって感じです。

ヴォロデンコフ以外にも18歳の若さで7ゴールを挙げたレベデフも将来に期待を持たせる活躍を見せました。

 

Torped.2018-2019 bestelevenTorped.2018-2019 besteleven2

ベストイレブンではトルペドの選手は1人と2位にしてはやや寂しい結果。でもぶっちぎり1位のスパルタクだって2人だからまぁそんなものか・・

 

次に他のリーグの様子を見てみましょう。

 

イングランド・プレミアリーグ

Tor Premier League 2018-2019

スパーズが独走で連覇達成。ストークが5位と躍進を遂げるも大会の色々な関係でEL出場ならず。あとリヴァプールが10位に。

リーガ・エスパニョーラ

Tor Liga Española 2018-2019

2年連続3位だったバルサが優勝。グラナダが4位と躍進。その他ではビルバオが18位となり降格の憂き目に。

セリエA

Tor Serie A 2018-2019

金満ウディネーゼがユーヴェの8連覇を阻止。その他インテルが4位でCLに久々の出場。得点王は2年連続で30得点を挙げたカバーニだがナポリは5位と微妙な感じ。

ブンデスリーガ

Tor Bundesliga 2018-2019

バイエルンが3連覇。その他おなじみな面子が上位を占めます。そんな中でブレーメンは2年連続の13位と低迷。

リーグ1

Tor League1 2018-2019

PSGが6連覇。4位のトゥールーズでは今季PSGから加入したジェコ(33)が22得点をあげ健在振りをアピール。

ロシア2部

Russian 2 2018-2019

昨季の降格組を含むプレミア在籍経験のある4チームが昇格。一方で同じく降格組のテレクは9位と2部でもイマイチでトム・トムスクに至っては16位で3部に降格。明暗がくっきりと分かれた。

CL

Tor CL 2018-2019

プレミアでは6位といまいちだったマンCがリーガ優勝のバルサを下し優勝。

EL

Tor EL 2018-2019

ポルトがPSVを倒し優勝。オランダ勢が意外と強い。

 

2018-2019シーズンのまとめ

今シーズンはELでは後一歩のところでGLに進めなかったもののリーグ戦では2位と来季のCL出場権を獲得することができました。

さらに国内カップ戦では見事優勝し、監督生活初のタイトルを獲得することができたのでなかなか良いシーズンだったと振り返ることができるでしょう。

来季はリーグ戦ではスパルタク・モスクワを打ち負かし優勝を狙い、CLではGL出場を目指していきたいと思います。

 

次回から2019-2020シーズンをお送りします。

スポンサーサイト

コメント - 2

sh.ph  2013, 06. 11 (Tue) 10:25

賞金のためにも目指せGL!
エヴァートンやヴィラ、ビルバオが降格とは……なかなか混沌としている箱庭っすね……

編集 | 返信 |  

わわらば  2013, 06. 15 (Sat) 23:08

Re: タイトルなし

箱庭覗いてニヤニヤするのもFMの醍醐味の一つですよね~
強豪どころが2部に落ちたり中位クラブが金満化したりしてるのを見るのは楽しいですw

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。