上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Russian Premier league 2017-2018

スパルタク・モスクワがアンジに競り勝ち優勝。これで4連覇です。誰か止めてー!

優勝を逃したアンジは、昨季は8位と振るいませんでしたがBATEの監督を引き抜き優勝一歩手前の2位と復活。来季はCLに出場します。

ELに出場するのはクリリヤ・ソヴェトフ、CSKAモスクワ、トルペド・モスクワ、クバンです。EL出場圏内は混戦でどこが3位になってもおかしくない感じでした。

毎年中位付近をうろついていたクリリヤ・ソヴェトフは3位となかなかの躍進ですね。なんかいやな負け方をしたので個人的にはあまり良い印象じゃない

毎年メディアから高い評価を受けるゼニトは8位と低迷。ほいほい監督変えるから・・w ロコモティフ・モスクワも今年は低迷しギリギリ自動残留の12位。

そして入れ替え戦に進んだのはシビルとトム・トムスク。どちらも破れ降格が決定。トム・トムスクは順位決定戦でテレクに勝利したのに普通に2部のチームに負けるという・・

自動降格したのはテレクとモルドヴィア。テレクはなかなかの金満チームなはずなのにどうしてこうなった。

 

 

Torped.2017-2018 kojin

今年も平均評価1位はサンバ。やっぱり今作はCBの評価点がいやに高くなりますねー。

得点王は2年連続でトルペドのヴォロデンコフ。アシスト数でも4位にランクインしているし、トルペドの攻撃がかなり彼に依存していることがわかりますねw

 

 

Torped.2017-2018 kojin(torped)

こちらはチーム内の個人記録。

GKは今季加入のカレーロが怪我なく1年間ゴールマウスを守り続けました。

DFでは今季で引退するオレコフが大活躍。引退を思い留まるように言ってみましたが意思は変わりませんでした。残念・・・

怪我が多かったクリマヴィシウスの代わりに試合に多く出場したネネもなかなかの活躍。

MFではラファエル・ドウグラスが期待通りの活躍。昨シーズン活躍したビビロフは怪我に怪我を重ねた結果9試合の出場に終わりました。

FWでは得点王のヴォロデンコフが大活躍。チーム全体の得点の2分の1以上は彼が係わっていますw

主に2トップ戦術の時に起用されたバカリアンも出場試合があまり多くない中2桁ゴールと実力を見せました。

 

Torped.2017-2018 bestelevenTorped.2017-2018 besteleven2

ベストイレブンはトルペドでは得点王のヴォロデンコフ一人だけ。主に今季の2強だったスパルタク・モスクワとアンジの選手で占められてます。

そんな中でも選出されないロムロかわいそす(´・ω・`) あと11位のロストフの選手が2人選ばれてて不思議。

 

次に他のリーグの様子を見てみましょう。

 

イングランド・プレミアリーグ

Tor Premier League 2017-2018

ルイス・エンリケ率いるスパーズが両マンチェスターを抑え優勝。このゲームのスパーズはやたら強い気がする。あと目立つのはボルトンの健闘くらいでしょうか。

リーガ・エスパニョーラ

Tor Liga Española 2017-2018

ルカクが大活躍したR.マドリードが独走優勝。2位はネグレドが活躍したセビージャ。バルサは2年連続の3位。一時代が終わりを告げたか?

セリエA

Tor Serie A 2017-2018

ユーヴェが優勝でこれで7連覇。ウディネーゼは2年連続の2位。カバーニが30得点したナポリがそこに続く。あとはサンプドリアが18位で降格しています。

ブンデスリーガ

Tor Bundesliga 2017-2018

5B以上補強に使ったバイエルンが連覇。おととし優勝のレヴァークーゼンは8位と中位に。ブレーメン、ハンブルガーSVといった強豪も今年は下位に沈んでいます。

リーグ1

Tor League1 2017-2018

ジルーが加入したPSGが5連覇達成。下位が定位置だったモナコが好調で5位。安定して強かったリールが11位と今季は低迷。

ロシア2部

Russian 2 2017-2018

優勝したシンニクなど4チームが昇格。ガゾヴィク・オレンブルグは初のプレミア挑戦となる。昨季プレミア所属だったペトロトレストが17位で3部に降格。

CL

Tor CL 2017-2018

バイエルンがR.マドリードに勝ち優勝。あれ~ロシア勢の姿が見当たらないな~(

EL

Tor EL 2017-2018

マルセイユがディナモ・キエフに勝利し優勝。せめてここに載りたかった・・・。

 

2017-2018シーズンのまとめ

CL初挑戦となったシーズン。意気込んで臨みましたがグループステージにも進めずさらにELでもすぐに破れグループリーグに進めませんでした。

そしてCLリベンジを目標に2位以内を目指したシーズンでも5位とCL出場を逃しました。

しかしEL出場権は手に入れたので最低限の結果は残せたと思いますw

来季は今季の悔しさをばねにして、リーグ戦ではCL出場圏内、ELではグループリーグ進出を目標に頑張っていこうと思います。

 

次回から2018-2019シーズンをお送りします。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。