上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Torped2012-2013 22~32

今シーズンの残りの試合はこちら。下位に沈むトルペドは順位を上げるためにとにかく勝利が必要です。

あとカップ戦のゼニト戦もあります。

 

・PICK UP MATCH

 

ロシア ピェルヴィディヴィゾン PFL 22節 VSバルチカ・カリーニングラード(A)

 

シーズン再開初戦、13位のトルペドは、8位のバルチカのホームへと乗り込む。

バルチカは目立った選手こそいないが、中位に座る力のあるチームであるし、あちらのホームでの試合なため侮れない相手だ。

さらにトルペドはMFボヤリンツェフの怪我、DFポノマレフの出停と、主力を欠いた状態で試合に臨まないとならない。

 

 

まず試合が動いたのは前半11分。ピッチ中央でボールをキープしたバルチカのMFヴォルコフが右サイドのMFヴィフナコフスへボールを送る。

そのボールをヴィフナコフスはダイレクトで前線のFWサルニコフにはたく。そして受けたボールをMFヴォルコフに横パス。

ヴォルコフは、ドリブルでMFアンドレーエフを躱し、前方のFWマザロフへ低いパス。マザロフはドリブルで向きを整え強烈なシュート!ボールはネットに突き刺さりGOAL・・トルペドは先制を許してしまう。

 

20分にはトルペドが反撃を試みる。右サイド深くでボールを持ったMFベズリホトノフがMFステクノフとワンツーで抜け出しエリア内でクロスを送る。

そのクロスに左サイドのボヤリンツェフの代役として出場したMFロディンが追いつき厳しい角度からダイレクトボレーを放つ。放たれたシュートはポストに弾かれて惜しくも得点ならず。

 

28分にはバルチカがチャンスを迎える。DFジムルカが自陣深くから前方のMFヴィフナコプスにいい縦パスを送る。それを受けたヴィフナコフスはワンタッチでFWサルニコフの先にスルーパス。

ノーマークのサルニコフはボールを受けペナルティエリアぎりぎり外から思い切りの良いシュート!ボールはゴールに吸い込まれ0-2となる。これでトルペドは苦しくなった。

 

バルチカが得点したそのすぐ後の30分、トルペドが反撃を見せる。中央のMFステクロフが右サイド前方のMFベズリホトノフへ浮き球のダイアゴナルパス。

ベズリホトノフはそれをキープし、上がってきた中央のMFアンドレーエフにパスを送る。それを受けたアンドレーエフはドリブルで直進しそのままミドルシュートを放つ。

放たれたミドルは豪快にポストを叩きボールは左サイドへと跳ね返る。それを拾おうとしたMFロディンに相手DFが滑り込み、ボールはゴール前のFWガラウチュスの目の前に流れる。

ガウラチュスはそれを冷静に流し込みGOOOOAL!1点を返し1-2とする!

 

その後も追いつきたいトルペドの攻撃は続く。40分には、右サイドのスローインからの流れでMFアンドレーエフが右サイド深くのMFベズリホトノフへ絶妙なパスを送る。

それをフリーで受けたベズリホトノフは充分な余裕を持ってニアへと低いクロスを送る。それにFWガウラチュスが叩きつけるようなハーフボレーを放ちGOOOOL!2-2と試合を振り出しに戻し前半が終了。

 

後半は、同点に追いつき勢いの付いたトルペドペース。後半6分にはMFベズリホトノフがMFアンドレーエフの浮き球に反応し相手GKと1:1の場面を作る。惜しくもセーブされたが確実に流れはこちらに来ている。

 

その後もベズリホトノフを中心にチャンスをいくつも作るが相手の好守備に阻まれ決められないまま試合は進む・・

 

しかし後半36分に試合は再び動く。トルペドは右サイドから連携で崩し、MFベズリホトノフが右サイドの敵陣深くでボールを持つ。そしてまとわり付く相手DFを交わし、エリア内にクロスを放り込む。

ボールは相手ゴール前に張っていたFWガウラチュスの足元へ。ガウラチュスは軽く合わせてGOOOAL!3-2と逆転に成功!ガウラチュス選手はハットトリックを達成!

 

さらに4分後の後半40分、コーナーキックからの流れでDFモロツォフが低い高速クロスをゴール前に送る。それに反応した途中出場のDFミスチェンコが綺麗なボレーでGOOOAL!4-2と突き放す!

このゴールで試合は決定的となり、試合はそのまま終了。トルペドは鮮やかな逆転勝利を飾った。

 

バルチカ・カリーニングラード 2-4 トルペド・モスクワ

 

Torped.2012-2013 VS.BaltikaTorped.2012-2013 VS.Baltika2

ウィンターブレイク中に中の人が変わったのかアウェーでシュート18本と大暴れ。

この試合で勢いが付いたのかトルペドは調子を上げていき・・・

 

Torped2012-2013 22~32A

リーグ戦の11試合で7勝3分1敗と絶好調でシーズンを終えた。

因みにカップ戦のゼニト戦はガチメンで挑んで華麗に玉砕してきましたw

もう少し良い試合をすることができていたらこっちの試合をピックアップしたかったんですが・・w

 

 

Torped.2013.5.1Torped.2013.5.1(2)

後半の巻き返しで、契約延長を勝ち取ることができました。解任の噂を見たときは正直ビクビクしてましたが安心しました。

 

ロシア2部シーズン最終順位表

Torped.2012-2013 32pld

トルペドの最終順位は7位。ウィンターブレイク前の低迷振りからしたら頑張ったほうではないでしょうか。

最後の3連引き分けを3連勝、2勝1分できていたら、プレーオフ圏内にも入ることができていたかもしれませんねw

プレーオフ出場を勝ち取ったのはTomとSpaltak Nalchik。彼らは昇格を勝ち取ることができるでしょうか。

リーグ全体の振り返りは次回また改めてする予定です。

 

次回はシーズンのまとめをお送りします。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。