上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM16Beerschot171

ベールスホット3年目。今季は初の1部で迎えるシーズンです。目標は「大敗しない」と一番緩いのを選びました。

予算は500M越え。ルーマニアでの1部初挑戦の予算が160Mと言う事を考えるとかなり潤沢なモノですね。

 

FM16Beerschot160

予算は多いけど赤字も多い。高額な人件費が原因って書いてあるけど理事会に使っていいって言われたら普通使うよね!

 

FM16Beerschot157

思わぬところから臨時収入。こんな条項付けてたっけと思ったけどありがたく貰っておきます。

 

FM16Beerschot159

スペ集団ベールスホット、開幕前から早速重傷者を出す。正GKと考えていたコヴリックが十字靱帯損傷で早くも今季絶望です。

 

 

FM16Beerschot163

1部の大会規定。出場の決まりとかは2部と変わらずです。まず総当たり2回戦の30試合を戦った後に

1~6位がチャンピオンシップグループ、7位~15位がELプレイオフ、最下位が自動降格で一足早くシーズン終了と言う決まりのようです。

 

 

FM16Beerschot164

そしてこちらが順位予想。優勝経験のあるヘントとヘンクが優勝候補。僕が強豪と思っていたアンデルレヒト、

クラブ・ブルッヘ、スタンダールなどはちょっと力を落としてるっぽいですね。

ベールスホットは13位予想。降格はしないと予想してくれてるっぽい。

 

FM16Beerschot165

こちらは1部恒例(予定)の賃金ランキング。

最近優勝できていないようですがクラブ・ブルッヘが一番の金満のようです。

そこにヘント、ヘンク、アンデルレヒトと続きます。資金力的にはここまでで4強のような感じ。

ベールスホットは16チーム中12位。昇格したばかりなのに下に4チームもいる…。スタンダールとか

お金持ってるイメージだったんですけど割と貧乏寄りだったんですね…。

 

次にベルギー1部の有力選手の紹介。今回は上位予想4クラブの主力を一人ずつ紹介したいと思います。

 

MF 10 ホアキン・コレア 昨季成績 35試合/4得点/6アシスト/評価点7.40

FM16Beerschot166

常勝軍団と化しているヘントの攻撃を操るアルゼンチン人ゲームメイカー。ベルギーリーグNo1の評価額の持ち主。

 

FW 11 アブドゥル・アリ 昨季成績 21試合/8得点/0アシスト/評価点7.02

FM16Beerschot167

ヘンクのアカデミー育ちの万能ストライカー。パキスタン国籍持ちというのもいいですね。

 

FW 12 キーガン・ドリー 昨季成績 32試合/2得点/11アシスト/評価点7.33

FM16Beerschot168

アンデルレヒト所属の南アフリカ代表ウィンガー。クロスとドリブルでサイドからチャンスを量産する。

 

DF 44 ブランドン・メッチェル 昨季成績 33試合/3得点/2アシスト/評価点7.07

FM16Beerschot170

クラブ・ブルッヘに所属するCB。穴のない守備力で国内組では数少ない代表メンバーに名を連ねる。

 

選手紹介

ベルギー2部にはホームグロウンの選手を最低6人メンバーに入れるという規定があります。

控えの登録は7人まで、交代可能な選手は3人までです。

 

 

GK  1 ラズヴァン・ゴヴリック 昨季成績 14試合/13失点/6無失点/評価点6.81

222301
昨季メインで起用したルーマニア人GK。しかし今季は開幕前に十字靱帯損傷という重傷を負ったためしばらくはリハビリ生活。

 

GK 21 イリヤ・マフムドフ 昨季成績 27試合/19失点/13無失点/評価点7.60 (マケドニア1部)

222321

ヴァルダールから獲得したマケドニア代表GK。敏捷性を生かした反応が魅力。コヴリッグが負傷したため急遽獲得。

 

GK 16 ラミン・イスマイロフ 昨季成績 14試合/7失点/8無失点/評価点6.96

222316
若ハゲのアゼルバイジャン代表GK。昨季は良いパフォーマンスを見せて一時はレギュラーに定着した。

 

GK 12 ミッキー・セイ 昨季成績 1試合/3失点/0無失点/評価点6.60

222312
長身のGK。昨季はたまたま起用した試合で3失点したため使われなかったが貴重なHG持ちなので活躍に期待しています。

 

DF 17 バウト・ファエス 昨季成績 27試合/0得点/0アシスト/評価点7.04

222317
強靭なフィジカルを持つ長身CB兼ボランチ。昨季は主にボランチ起用で中盤において高さを発揮した。

 

DF  4 ノエル・スマー 昨季成績 6試合/0得点/0アシスト/評価点7.22 (オーストリア1部)

222304
オーストリアのアドミラ・ヴァッカーに所属していたセネガル人CB。セネガル人ですがHGを持っていてありがたい。

 

DF  5 エルネスト・ソンゴォ 昨季成績 27試合/0得点/0アシスト/評価点6.88

222305

スピードが魅力のU20カメルーン代表CB兼ボランチ。伸び盛りでまだまだ成長の期待できる選手。

 

DF 24 ベカ・ヴェグア 昨季成績 11試合/0得点/1アシスト/評価点6.94 (グルジア2部)

222324
サムグラリから獲得したU-21グルジア代表CB。スキル面はまだまだだが安定したメンタル面の能力は魅力的

 

DF 15 アルノー・ヴェールシュエレン 昨季成績 32試合/1得点/0アシスト/評価点6.77

222315
2部のウェステルローに所属していたCB兼ボランチ。高さはないがスピードには自信あり。

 

DF  2 アレハンドロ・マテウス 昨季成績 0試合/-得点/-アシスト/評価点-

222302
ローマに所属していたコロンビア人右SB。能力は高いが怪我しやすい選手らしいです。

 

DF 22 サミュエル・バスティアン 昨季成績 23試合/4得点/3アシスト/評価点6.84 (3部)

222322
3部のセラン・ユナイテッドに所属していた選手。本職はボランチのようですが右SBとしての獲得。

 

DF  3 アブー・シラ 昨季成績 29試合/2得点/2アシスト/評価点7.55 (コートジボワール1部)

222303
セウェに所属していた元コートジボワール代表左SB。彼もまた怪我に弱い選手らしいです。

 

DF 23 ティモシー・ブレアン 昨季成績 13試合/0得点/0アシスト/評価点6.90

222323

U21ベルギー代表にも選ばれる左サイドのスペシャリスト。昨季はその便利さで途中出場を中心に出番を得た。

 

MF 13 スレイマン・トゥーレ 昨季成績 26試合/0得点/5アシスト/評価点7.57

222313
正確なパスでチームに安定感をもたらすコートジボワール人MF。今季はボランチで起用予定。

 

MF 8 チョルヴェン・メレンス 昨季成績 18試合/0得点/0アシスト/評価点6.98

222308
メンタル面の能力の高さが特徴のボランチ兼センターハーフ。

 

MF 14 セーヌ・リナン 昨季成績 10試合/1得点/0アシスト/評価点6.89

222314
テクニックと視野の広さが武器のボランチ兼センターハーフ。

 

MF  6 ソヘイル・イマニ 昨季成績 37試合/9得点/16アシスト/評価点7.04 (イラン2部)

222306
ファジュル・セパーシーに所属していたイラン代表CH。判断力など重要能力が高く補強の目玉の一人。

 

MF 10 石井 泰明 昨季成績 20試合/9得点/0アシスト/評価点7.57

222310
日本代表のCH兼FW。昨季は中盤からの豪快なミドルシュートやFW起用などで決定力を大いに発揮した。

 

MF 25 ニコ・ブリュル 昨季成績 0試合/-得点/-アシスト/評価点-

222325
AAヘントに所属していた若手CH。貴重なゲームメイカータイプなので大事に育てたい。

 

FW 7 ブランドン・デヴィル 昨季成績 25試合/2得点/6アシスト/評価点8.23

222307
右サイドから相手の守備を引き裂く右WG。2年連続評価点8点台を記録する攻撃陣の中心。

 

FW 26 パオリーノ・ベルタッチーニ 昨季成績 27試合/7得点/6アシスト/評価点7.02 (3部)

222326
3部のセラン・ユナイテッドに所属していた右WG。164cmと小柄ですが快速を生かしたドリブルが武器。

 

FW 27 イグナス・ベルペアー 昨季成績 19試合/2得点/1アシスト/評価点6.81 (3部)222327

1部のオーステンデに所属していた左WG。ベルタッチーニと似た能力だがこちらはよりクイックネスに優れる。


FW 20 アンドレアス・テイス 昨季成績 7試合/1得点/0アシスト/評価点7.02

222320
長身の左WG。昨季は驚異の欠場率50%越えを達成した驚異のスペランカー。

 

FW  9 エマニュエル・エッスマン 昨季成績 21試合/8得点/1アシスト/評価点6.97

222309
フィジカルと献身性が武器のU20ガーナ代表FW。昨季は8ゴールとやや期待はずれな結果に。

 

FW 18 ラトコ・ヴァンシンプセン 昨季成績 10試合/5得点/2アシスト/評価点7.18

222318
チームの主将を務めるベテランFW。監督が若手厨をこじらせているため出番は少ないが出れば結果を残す頼れる人。

 

FW 11 オスマネ・ケイタ 昨季成績 11試合/3得点/0アシスト/評価点6.92

222311
得点感覚に優れたコートジボワール人FW。昨季は怪我が多く思ったような活躍が出来なかった。

 

FW 19 オヌル・バルト 昨季成績 30試合/6得点/0アシスト/評価点6.57 (オランダ2部)

222319

昨季はオランダ2部に貸し出されていたFW。とりあえずロングシュートを撃つのをやめさせたい。

 

 

今季はこのメンバーで1部に挑んでいきたいと思います。

選手のin/outに触れるとまず放出は主力クラスはサムエルセンくらいでその他主力は全員確保。補強ではGKマフムドフ、

CBではスマー、ヴェグア、SBではマテウス、スマー、中盤ではイマニ、ウィングにベルタッチーニ、ベルペアーと各ポジションで

力のある選手を補強。噛み合うかは別として個々の能力を見ると1部昇格1年目とは思えない陣容を揃えることが出来たと思います。

 

 

FM16Beerschot172

今季の基本布陣。この戦術の肝である両SBに実力者を獲得できたのでどれだけサイドを崩せるか今から楽しみです。

またトゥーレイマニ石井という中盤の逆三角形も魅力的。まぁ1部だし実際に機能するかどうかは未知数なんですが…。

 

 

FM16Beerschot161

デヴィルが負傷。昨季シーズン終了後に続いて怪我が多くなってきてます。開幕前にこれは出鼻をくじかれるようなアクシデントです。

 

 

FM16Beerschot173

開幕からの日程です。早くも2戦目に近年ベルギーリーグを席巻するAAヘントとの対戦が待っています。

1部の洗礼を受けるのかはたまた意外といけるやん!となるのか…次回から戦いの模様をお送りします。


スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。