上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM16Beerschot1

ベルギー2部のベールスホット=ウィルライクというクラブの監督に就任。本当は欧州1部が良かったのですがオファーはなし。

この職探しで改めて感じたのはルーマニアでの1部昇格経験なんて実績扱いしてくれないということ、ライセンスなしじゃやはり

有名リーグのクラブは相手してくれないということ。そこでこのクラブでさらなる実績を作りライセンスもある程度のものまで

取得するというのを目標にベルギーでの監督生活を送っていきたいと思います。長編漫画でいう修行編的なヤツです。

もう2部での戦い飽きたよ!という声もわかるのである程度サクサク進めていきます。

 

 

FM16Metaloglobus402

なぜかカタールA代表の監督オファーなら来たんだけど…w 初めてのアプローチがこことは思わなかった。

メタログロブス時代の年俸の100倍を提示するという金満ぶり。年俸がもっと意味のあるものなら迷わず飛びついてたかも(

最終予選の同組に日本がいてちょっと面白そうだと思ったけどこのプレイの主旨からは外れるかなーと思いお断りしました。

 

 

FM16Beerschot2

本筋に戻ってクラブの紹介を…。

ベールスホット=ウィルライク(以下ベールスホット)はかつて1部に在籍していたクラブが破産し、地域リーグの

クラブと合併することにより下部からやり直したという経歴を持つクラブ。現実では今季3部で優勝し来季から2部復帰という状況の

ようですがこの箱庭(2020年)では2部まで上がってきて3シーズン目。ちなみにこのゲーム内で2部まで押し上げた監督は

シーズン前に監督を引退しています。その後釜として自分が役職を引き継ぐことに。責任は重大です。

ニックネームのKielse Rattenは多分キール(地名)のネズミ達とか多分そんな感じです。エンブレムにネズミいるし。

ライバルは同じ町のロイヤル・アントワープ。昨季優勝し今季から1部のクラブみたいです。1部でダービーしたいですね。

スタジアムは12000人収容で施設もまぁまぁ。前のメタログロブスに比べるとかなり恵まれた環境と言えるでしょう。

 

 

FM16Beerschot3

ノルマは「大敗しない」という緩い物。よっぽどやらかさない限り解任はなさそう。

予算は移籍と人件費合わせてだいたい200Mくらい。1部昇格した後のメタログロブスより多い!

 

 

FM16Beerschot4

こちらは大会の規定。選手起用についてはHGを6人メンバー入りさせるという緩い物ですがそれ以外はなかなか複雑な感じです。

2ステージ制でそれぞれの勝者がチャンピオンシップに進出し勝った方が1部昇格というなかなか上がりにくそうなシステム。

1stと2ndどちらでも優勝すればチャンピオンシップは開催されずそのまま自動昇格のようです。

降格はどのように決めるのかと言うと1stと2ndの総合成績の下から4チームが降格プレイオフに参加。ルーマニア1部と同じように

勝ち点を半減した後に総当たり2回戦を行いそこで最下位になったクラブが降格というルールっぽいです。

 

そして最高にややこしいのはこちら。

チャンピオンシップで敗れ昇格を逃したチームと各ステージの上位はなぜかEL出場権を争う欧州出場権プレイオフに進出。

1部の下位と共にEL出場権(1枠)をめぐる戦いに参加することになるようです。もう文章で書いててもいまいち分からないので

昨季の結果の画像を貼ってみます。

 

FM16Beerschot6

貼ってみても良くわからない…。決勝戦でいきなり出てきたKRCヘンクは1部の上位ステージの4/6位のチーム。

1部の規定も説明すると1~6位は前のルーマニアと同じように優勝を争う上位ステージに進出。

そこの1~3位は自動的にCLやELの出場権を入手。4位になったクラブが上の画像の欧州大会出場プレイオフの決勝に出てくるようです。

7位から15位は画像の欧州大会出場プレイオフのリーグ戦に参加。16位は自動降格で他のクラブより一足先にシーズン終了。

2部の昇格クラブもそうだけどクラブによってシーズン終了の時期がバラバラなのが何か気持ち悪い!

このように説明してみましたが結局何が何だかなのでとりあえず実際にシーズンを進めてみるしかないですね(放棄)

 

 

FM16Beerschot5

こちらは予想順位。やっぱりリーグに8クラブのみってなんだか寂しい感じ。

近年に1部経験のあるシャルルロワ、サークル・ブルッヘ、リールセが昇格候補。この中から1つしか上がれないと考えるとなかなか厳しい。

ベールスホットは6位予想。とりあえず降格に絡まず謎のEL出場プレイオフ出場を目指して頑張りたいところ。

 

選手紹介

 

ベルギー2部にはホームグロウンの選手を最低6人メンバーに入れるという規定があります。

控えの登録は7人まで、交代可能な選手は3人までです。

 

 

GK  1 イリアス・マウサ・セブトゥーイ

202101

マンチェスター・ユナイテッドから借りたU-21代表GK。穴のないバランス型ゴールキーパー。

 

GK 30 マッテオ・ペティットジェナ

202130

パンチング好きなフランス人GK。今季はゴールキーパー2人態勢で臨みます。怪我人出ませんように…。

 

DF  4 スフィアネ・カルカシュ

202104

1部のクラブ・ブルッヘから借りたU21代表経験アリのCB。メンタル面も安定していて守備の中心として期待。

 

DF 15 ベン・サンテルマンス

202115

クラブ最高給をもらう左利きのCB。大きなクラブ行きたい病を患っているのでそのうち出ていく可能性アリ。

 

DF 36 ピーター=ヤン・パウウェルス

202136

長身の若手CB。一定の守備力はあるものの足元やメンタルなど不安が残る箇所も多い。

 

DF  2 ジェッシー・ロットサン

202102

フランスのアンジェから借りた右SB。サイドにしてはスピードがないがテクニックの高い選手。

 

DF 41 マイク・スメト

202141

CBやCHなども熟達でこなすことのできる右SB。あのデ・ブルイネの友人らしいです。

 

DF  6 ジャスパー・アンドリース

202106

クラブ・ブルッヘから借りた若手左SB。気象が激しい性格らしいですがいったい何をやらかしてくれるのか楽しみです。

 

DF 52 トニー・ティンメルマンス

202152

SHまでこなせる若手左SB。しいて言うと加速力に特長のある選手。

 

MF 14 セーヌ・リナン

202114

クラブ・ブルッヘから借りたセンターハーフもこなせるボランチ。組み立て能力と守備力を併せ持つ選手。

 

MF  8 チョルヴェン・メレンス

202108

センターハーフも天性のものであるボランチ。穴のないメンタル系能力の持ち主。

 

MF 31 アントワーヌ・カピニエリ

202131

小柄なフランス人ボランチ。スピードとテクが武器で守備ができないなどあまり守備的MFぽくない能力の選手。

 

MF 5 セム・デ・ウィット

202105

CBも熟達なオランダ人ボランチ。フリーキックに特化したプレイスタイルの割にフリーキックの能力は凄い微妙。

 

MF 13 イリエス・グランジュ

202113

止まったボールを蹴るのが上手い系のトップ下。守備とフィジカル面に課題。

 

FW  7 ブランドン・デヴィル

202107

テクニックとスピードが武器の右ウィング。チームで一番推定評価額の高い選手です。

 

FW 51 フィンチェント・シュミット

202151

オランダ人の右ウィング。サイドの選手なのにクロスやスピードが微妙なので扱いが難しそう。

 

FW 12 ティボー・スウィネン

202112

珍しく顔写真の付いている左ウィング。テクニックのあるドリブラーというような感じの能力。

 

FW 3 バティスト・ユランス

202103

チーム最年長の左WG。SB、WB、SH、WGを天性でこなす左サイドのスペシャリスト。

 

FW 18 ラトコ・ヴァンシンプセン

202118

ベテランFW。安定したメンタル面と高さを持っておりおそらくエースのような存在だと思います。

 

FW 11 ドラゴシュ・キリラ

202111

ルーマニアのヴィトルルから借りた若手FW。ヘディングとドリブルが武器。

 

 

これが今所属しているメンバーです。読みはオランダ語だったりフランス語だったりであまり自信ありません。

就任時点で60Mも予算をオーバーしていたので高年俸選手を放出するなどまずは人員整理に取りかかりました。

が、就任がリーグ戦の2週間前と遅かったのでまだその作業が終わっていません。なので、ここからまだメンバーが

減ったり増えたりするでしょう。その時はまた追ってお伝えします。

今回のクラブでもメタログロブス時代と同じように存分にレンタルを頼る予定です。また上でもちょっと触れましたが

ベルギーは外国人選手の獲得がかなり自由。ブラジル人もアフリカ人も獲り放題です。なので

これからの編成は1部からタダで借りた選手+有望外国人若手という感じになっていくと思います。

そして選手の評価が高まった所で売却して利益を出していくというスタイルを構築する予定です。

そしてその売却資金で戦力を整えたりライセンス講習代(泣)につぎ込んだり…!やっとFMらしいプレイになってきた気がする。

 

 

 

FM16Beerschot7

今のところの予想スタメン。もう戦術弄る面倒くさいのでメタログロブスである程度結果を出すことができたシステムを

使用して行きたいと思います。選手の評価点も妙に上がりやすい布陣だし売りプレイには向いてるかも?

 

 

FM16Beerschot8

開幕前の親善試合の結果。選手の整理に夢中で指揮を全部アシマネに任せていました(

やっぱり開幕の1か月前には監督就任しておきたかった…。

 

次回は開幕から1stステージ終了までの14試合。月で言うと8月から12月まで一気にお伝えします。かっ飛ばしていくぜー!

スポンサーサイト

コメント - 2

mezamashi_fm  2016, 06. 04 (Sat) 12:21

ベルギー2部!やったことありますけどFM12あたりの古い時代だったのでなんか制度が変わっているような…w
ベルギーは外人天国なので東欧やアフリカあたりから選手を引っ張ってきたくなるかも!
スカウティング不可だったりすると思いますが要求年俸安かったらスカウティングなしで獲得して、ギャー!!となったこともありますw
(能力値を隠す設定にしてるかどうかでだいぶ違ってきそうですが)

編集 | 返信 |  

わわらば  2016, 06. 06 (Mon) 00:52

>mezamashiさん

ベルギー2部は2016-2017シーズンから制度変わるっぽいです。ややこしや~
前のルーマニアがプレミアみたいな労働許可いるやつだったのでベルギー超楽しいですw
アフリカ人が特に安いのでいっぱい連れてきてネイションズカップで泣かないようにしないと…
スカウティングはFM14からだったっけ?の何回もスカウティングしないと能力分からない奴に馴染めないので見えるようにしています。
それでもムラっけ強いストライカーや超絶スペなどを獲っちゃう可能性が(

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。