上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM16Metaloglobus285

ブカレストでの監督生活も4年目。いよいよ1部での戦いです。予算も昨季より気持ちだけ増えました。

 

FM16Metaloglobus286.jpg
相変わらずの赤字。スタジアムが小さい以上選手を売りまくるか金持ちがバックにつくかくらいしか改善策はなさそう。

 

FM16Metaloglobus284

ルーマニア1部の規定。割と鬱陶しかった若手を先発させろと言うルールは1部にはありません。

与えられる出場企画のところを見ると分かるようにこのリーグは所謂スプリット制。二周り26試合を終えた後に

優勝を争う上位グループと残留を争う下位グループに分かれるという例のアレです。

 

 

FM16Metaloglobus282

こちらは予想順位と優勝オッズ。ルーマニア屈指の強豪ステアウアが1番人気です。

メタログロブスは12位と入れ替え戦行き予想。他の昇格クラブより評価が高いのは何となくうれしい。

 

 

FM16Metaloglobus289

こちらは年間賃金。消費の項目の所の赤字は赤字だから出費っぽく見えますが収入です。

こちらもステアウアを中心にCLやELに絡むようなクラブが金持ち。メタログロブスの数倍の予算です。

しかしサッカーは金じゃない!という事を証明するような戦いを見せることができれば…と思います。

 

次にルーマニア1部にどんな選手がいるかほんのりと紹介して見たいと思います。

 

FW  6 ジェラウド 昨季成績 26試合/5得点/3アシスト/評価点7.13

FM16Metaloglobus287

ディナモ・ブカレスト所属。左右のSHとWGさらにトップ下とCFWを熟達でこなすアンゴラ代表の万能アタッカー。

 

MF 10 ニコラエ・スタンチュ 昨季成績 36試合/8得点/6アシスト/評価点7.27

FM16Metaloglobus288

ステアウア・ブカレスト所属。高いスキルでステアウアを牽引する10番。リアルではセリエAに移籍の噂があるとか。

 

FW  9 バス・ドスト 昨季成績 28試合/19得点/3アシスト/評価点7.30

FM16Metaloglobus290

ステアウア・ブカレスト所属。昨季のルーマニア1部得点王。やっと皆がリアルで知ってそうな選手を日記で紹介できた!

 

FW 98 フロリネル・コマン 昨季成績 33試合/15得点/4アシスト/評価点7.16

FM16Metaloglobus291

ヴィトルル所属。21歳という若さながら既に1部リーグ通算43ゴールを記録しているという実力者。

 

選手紹介

 

ルーマニア1部の登録人数は最高25人までです。 ただしU-21の選手は登録しなくても起用することができます。

外国籍選手の、出場/ベンチ入りメンバーは4人までとなっています。控えの登録は7人まで、交代可能な選手は3人までです。

 

 

GK  1 カタリン・サモイラ 昨季成績 22試合/15失点/12無失点/評価点6.86

192001

昨季前半戦は怪我で苦しんだ守護神。さらに終盤精彩を欠いたプレイで控えに回ったが今季はまたレギュラーで考えています。

 

GK 16 アンドレイ・マリネスク 昨季成績 20試合/10失点/10無失点/評価点6.88

192016

正GKサモイラの穴を埋めたベテランGK。さらに昇格のかかったラスト2試合でも安定したセーブで貢献を見せた。

 

GK 23 アドリアン・ハジ 昨季成績 0試合/-失点/-無失点/-評価点-

192023

若手の第3GK。伸び代はあるんですが悲しきかなメタログロブスに若手GKを起用する余裕はない…。

 

DF  6 マルク・チーク 昨季成績 38試合/1得点/0アシスト/評価点6.83 (1部)

192006

降格したオリンピア・サツ・マーレから獲得したU-21代表CB。若手ながら安定して能力の高い選手です。

 

DF 55 アリン・シェロニ 昨季成績 34試合/4得点/4アシスト/評価点7.00 (モルドバ1部)

192055

モルドバのスペランツァ・ニスポレニから獲得したベテランCB。高さとメンタル面が高く補強の目玉の一人。

 

DF 15 アンドレ・セッラ 昨季成績 40試合/1得点/0アシスト/評価点7.04

192015

今季もキアジナからレンタルのポルトガル人CB。その空中戦の強さは1部でも通用するのか。

 

DF 17 トゥドール・バルツァ 昨季成績 22試合/0得点/0アシスト/評価点6.83

192017

今季もヴィトルルから借りているCB。昨季よりも出番は減りそうだがCBの頭数をそろえるためにレンタルを延長。

 

DF  4 アレクサンドル・ダエスク 昨季成績 13試合/1得点/0アシスト/評価点7.08

192004

フィールドプレイヤー最古参のCB。出番があまりなくても不満を吐かないバックアッパーの鑑。

 

DF 22 アドリアン・アキシンチュク 昨季成績 16試合/2得点/8アシスト/評価点7.99

192022

今季もヴィトルルからレンタルのU-21代表右SB。レザックとどちらをレンタル延長するか迷いましたが伸び代でこちらを選択。

 

DF 12 クラウディウ・ベル 昨季成績 4試合/0得点/0アシスト/評価点6.13 (ウクライナ1部)

192012

ウクライナのゲリオスから獲得した右SB。高いフィジカルを誇りCBでも起用することのできる選手。

 

DF  3 ルボミール・ハラジム 昨季成績 34試合/0得点/8アシスト/評価点7.45

192003

今季もスパルタ・プラハから借りている左SB。フィジカルと運動量を活かした精力的なプレーでチームに貢献する。

 

DF 26 マリウス・プリチェアグ 昨季成績 18試合/0得点/3アシスト/評価点7.32

192026

(他の選手たちに比べたら)攻撃的な左SB。昨季は終盤に出番を掴んだが年俸にふさわしいとはいえない働きだった。

 

DF 2 パトリック・ワレット 昨季成績 16試合/0得点/1アシスト/評価点7.10

192002

サイドと中盤を満遍なくこなせるポリバレントな選手。昨季はSBが出色の出来だったため中盤での出場が多かった。

 

MF 7 イオヌツ・シェルバン 昨季成績 4試合/0得点/0アシスト/評価点6.83 (1部)

192007

ディナモ・ブカレストから加入のボランチ兼センターハーフ。まさに中盤のゲームメーカーと言ったようなプレイスタイル。

 

MF  5 アントニーン・バラーク 昨季成績 39試合/0得点/1アシスト/評価点7.09

192005

左利きのチェコ人長身ボランチ。昨季は4バックを志向したチームにおいて中盤の底から重要な役割を果たした。

 

MF 10 ラウル・クラウズ 昨季成績 30試合/0得点/3アシスト/評価点7.51

192010

メタログロブスの10番。昨季は多少離脱した時期もあったが安定したパフォーマンスで攻撃のタクトを振るった。

 

MF 21 ヨン・ヴレオアンガ 昨季成績 27試合/1得点/0アシスト/評価点7.25

192021

3年連続でディナモ・ブカレストから借りているセンターハーフ。自慢のフィジカルと運動量で相手にまとわりつく。

 

FW  8 アドリアン・オドビャヌ 昨季成績 39試合/7得点/6アシスト/評価点7.68

192008

今季もキアジナからレンタルの右WG。昨季はチームでも随一の活躍を見せファン選定のMVPに選出された。

 

FW 20 ネルツ・ロシュ 昨季成績 0試合/-得点/-アシスト/評価点-

192020

昨季はキアジナに所属していた「2人目のロシュ」彼も本職はトップ下だが複数のポジションをこなせる。

 

FW 19 オヴィディウ・ビク 昨季成績 38試合/16得点/5アシスト/評価点7.22

192019

昨季は2部のガズ・メタンに所属していた左WG。サイドの選手ながら昨季2部で16ゴールを記録した得点力が最大の武器。

 

FW 14 ユリアン・ロシュ 昨季成績 25試合/3得点/1アシスト/評価点7.24

192014

昨季は左WG、CH、CFWをこなした前線の便利屋。今季もチームに空いた隙間を埋める。

 

FW 18 アレクサンドル・アイリネイ 昨季成績 32試合/6得点/5アシスト/評価点6.88 (3部)

192018

3部のビホルから獲得した左WGの有望株。確かな判断力と正確なクロスが武器。

 

FW  9 セルジュ・ジュルジ 昨季成績 29試合/17得点/5アシスト/評価点7.40

192009

クラヨーヴァから4年連続のレンタルのエース。2部では3年で51ゴールを記録したがその実力は1部でも通用するのか。

 

FW 11 ファビオ・アブレウ 昨季成績 28試合/6得点/3アシスト/評価点6.96

192011

元カーボベルデ代表のFW。昨季はハットトリックを達成したが全体的なゴール数はいまいち。もっとゴールに絡む活躍を!

 

FW 13 ダン・トアデール 昨季成績 18試合/8得点/0アシスト/評価点7.20

192013

今季もペトロルルからレンタルのFW。昨季はラスト2試合で4ゴールを記録しメタログロブスの窮地を救う活躍を見せた。

 

以上のメンバーで戦っていきたいと思います。今季もジュルジ、オドビャヌ、セッラ等レンタルの選手が多数。

限られた予算の中でやりくりするならレンタルが一番!本当は同じディヴィジョンへのレンタルだと年俸負担しないといけない

パターンがほとんどなのですがシーズンが変わる前にレンタル延長を打診すると2部時代の条件、つまりタダのまま借りられるという

地味な裏技を使っていますw レンタル以外の新戦力も全員移籍金をかけずに獲得。シェロニ、チーク、シェルバン、ビクなど

1部でも通用しそうな選手を獲得することができました。逆に1部ではちょっと頼りなさそうなトゥドラケやチョバヌ、コレア、アモリン

などを放出。しめて6000万くらいの移籍金を取ることができました。まぁそれでも赤字なんですがね…。

 

 

FM16Metaloglobus283

今季は1部と相手が手強いので昨季使用した4バックではなく3バックをメインに戦っていこうと思います。

チーク、シェロニ、セッラの3バックは(能力だけ見ると)堅そうですが1部の並居る強豪たちのアタッカーを抑えることはできるのか。

攻撃面だと得点力の高い左WGのビクの加入によりCFWに集中していた得点を分散させることができたら嬉しいです。

 

FM16Metaloglobus280

親善試合の結果。7試合で4勝2分1敗とまずまずの結果です。開幕直前の試合の4失点が気になる。

 

FM16Metaloglobus279

エースのジュルジが軽傷で開幕アウト。彼の健康状態が今季残留できるかどうかに大きく関わってきそうです。

 

 

FM16Metaloglobus281

開幕からの日程。1部相手にどれだけやれるのか不明ですがとりあえず同じく昇格組のヴォルンタリからは勝ち点3を取りたいところ。

 

次回から19-20シーズン、ルーマニア1部での戦いの模様をお送りします。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。