上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROU21819

1位はバルチャ。シーズンを通して上位を保つと終盤に首位に立ちそのまま優勝を決める。

2位は我らがメタログロブス。シーズン序盤から安定して首位をキープしていたのですが終盤の連敗で首位陥落。

一時は昇格も危ぶまれたが最後に意地の連勝で2位を死守。なんとか昇格を果たす事が出来ました。

3位はヴォルンタリ。メタログロブスに得失点差で負け1部との入れ替え戦に参戦しましたがそこで勝利を収め昇格が決定。

今季は以上の3クラブが昇格を果たしました。得失点差的にも妥当な結果じゃないでしょうか(適当)

一方ブラショフ、ガズ・メタンと言った1部からの降格組は意外にもあまり昇格争いに絡んできませんでした。

 

FM16Metaloglobus270

FM16Metaloglobus271

こちらはリーグの個人記録。平均評価では6分の4がメタログロブスの選手と言う堂々たる結果。

ジュルジは得点ランキング4位に。怪我がなければ以下略。その他ランニング距離やパス成功率の項目にもランクイン。

これらを見るに内容的にも上位にふさわしいサッカーができたんじゃないでしょうか。

 

 

GK

FM16Metaloglobus272

前半戦はベテランGKマリネスク、後半は怪我で半年休んでいたサモイラがゴールを守りリーグN01堅守に貢献。

サモイラは終盤ちょっと不安定になったので昇格のかかったラスト2試合はベテランに委ね連勝を決める事が出来ました。

 

 

DF

FM16Metaloglobus273

最多出場はCBセッラ。空中戦の回数とその勝率はDFの中でも最高。サイドの選手達はシーズン最後まで好調を保つ。

毎試合だいたい14kmを走りクロスでアシストし果敢なタックルで攻撃を食い止めるというチームの生命線のような働きをしてくれました。

 

 

MF

FM16Metaloglobus274

ほぼボランチを置く4バックで戦ったのでバラークが最多出場。中盤の空中戦対応とタックルで守備でチームに大きく貢献。

クラウズは前半戦ほどの勢いはなかったものの長短のパスで攻撃の起点となり続けました。前任10番ガルスの穴なんてなかったんや。

 

 

FW

FM16Metaloglobus275

エースFWジュルジが大活躍。ただ今年も終盤に離脱し17点で打ち止め。彼が元気だったら優勝出来てたかな…

右サイドのオドビャヌは高い個人技でチーム最多の9回のMOMを記録する活躍ぶり。少しはCFW依存を改善できたかも。

控えFWトアデールは前半戦は怪我で戦力になりませんでしたが最後の2試合で4ゴールをあげ昇格に大きく貢献してくれました。

 

イングランド・プレミアリーグ

ENG1819

マンUが連覇達成。昨季に続き今季も勝ち点90越え。アーセナルスパーズシティがCLに参戦します。

チェルシーは今季はEL出場すら逃す事に。あと降格の3クラブが妙に豪華です。

 

リーガ・エスパニョーラ

ESP1819

バルサが3連覇。3位までは昨季と同じ。上位陣はいつもの面子と言った感じでしょうか。

10年ぶりくらいの1部のヌマンシアは11位と奮闘。昨季4位でCLにも出場したラージョが2部降格の憂き目に。

 

ブンデスリーガ

GER1819

バイエルンが連覇。ここからこの箱庭でもバイエルン無双が始まるのでしょうか。

ケルンやインゴルシュタットと言った昨季下位のクラブが躍進する一方で金満ヴォルフスブルクが降格。

シュールレやルイス・グスタヴォなど主力は健在なのにこの体たらくである。

 

セリエA

ITA1819

止まる気配のないユヴェントスが8連覇。ミランとインテルが仲良くCLの出場権をゲット。

現実じゃしばらく見れなさそう。下位だと久々にセリエAに参戦したアスコリがギリギリの残留に成功しています、

 

リーグ1

FRA1819

PSGが7連覇。こっちはイタリアよりも止まらなそう。止めるなら同じく金満のモナコか古豪?の

リヨン、リール、マルセイユあたりに期待でしょうか。ネタに困るので誰でもいいので止めてくれ!!

 

 

CL

CL1819

マンUがPSGを倒し優勝。スペイン勢がベスト16にいないというのはなかなかレアじゃないでしょうか。

アヤックスがベスト8。オランダ勢が今までのシリーズより気のせいか頑張っているような気がします。

 

EL

EL1819

アーセナルがリヴァプールを倒し優勝。ベスト4が全てプレミア勢でFA杯かキャピタルワン杯かという状態に。

CL優勝のマンU、ベスト8のマンC、ELベスト16のQPRとプレミア勢はポイント荒稼ぎです。

 

2018-2019シーズンのまとめ

FM16Metaloglobus278

 

FM16Metaloglobus276

FM16Metaloglobus277

 

シーズン終盤までほぼ首位だったのに最後の最後で掻っ攫われ2位に。これがトップリーグだったら絶望モノですが

2位まで昇格の2部なのでそこまで精神的ダメージは大きくありません。まぁ監督生活初タイトルを逃したという点で見ると

結構悔しいんですが…。前半戦の重傷ラッシュに後半戦の特定ポジションを狙ったような怪我ラッシュと今シーズンはとにかく

怪我人に苦しんだシーズンだったと思います。右WG3番手のチョバヌがセンターフォワードを務めた時期があったり無茶苦茶でした。

ブログ的にはちょっとおいしいんですが、あんなに怪我人が出なかったら最後まで1位で逃げ切れたんじゃ…とか考えてしまいます。

ファンの選ぶシーズンMVPではオドビャヌとSBの2人とサイドに人気が集中。前の10番ガルスは人気だったのに

同じような役割のクラウズはあまり人気がなかったりしてファンの好みの傾向がよくわからない…

またエースFWジュルジは今年もランクインせず。大事な時に怪我でいなかったから人気ないんでしょうか。

 

メタログロブス3年目は見事昇格と言う結果を勝ち取ることができました。優勝は逃しましたが目に見えた結果を残せたのは監督生活で初。

そういう意味では大きなシーズンだったと言えそうな感じです。さて無事昇格できたのでいよいよ来季は初の1部リーグでの指揮。

厳しい1年になるかもしれませんが残留あわよくばEL圏を目指して邁進していきたいと思います。ルーマニアでの戦いはまだまだ続く!

 

次回から2019-2020シーズンでの戦いをお送りします。

スポンサーサイト

コメント - 2

mezamashi_fm  2016, 05. 18 (Wed) 00:27

昇格おめでとうございま~す
よく考えたらルーマニア2部から放浪したとしてもいったいどこへ??となりそうなので、
昇格してステアウアとかアストラとか一応知ってる名前のクラブと試合してくれた方が読者的にも良かったかな!と思いましたw

編集 | 返信 |  

わわらば  2016, 05. 18 (Wed) 21:44

>mezamashiさん

ありがとうございます~
今辞めても気まぐれで入れた他大陸のチームとかメタログロブス的な3部以下の監督用意されてないようなクラブからしかオファーが来ないんですよね…
とりあえず来季は今までよりは華やかな舞台を見せる事が出来ると思いますw
皆が知ってるリーグで監督できるようになるのはいつになるのやら…その前に飽きて放置しないようにガンバリマス

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。