上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM16Metaloglobus212

ウィンターブレイクまでの結果はこちら。シーズン初の黒星を喫するなど2敗はしたものの、全体的に見ると

11試合で6勝3分2敗と引き続き好調を維持。

 

FM16Metaloglobus189

シーズン開幕後に加入したアブレウのハットトリックで快勝!FWの怪我人が相次ぐ苦しい状況の中で頼れる人が出てきました。

 

FM16Metaloglobus190

今季加入の左SBブリチェアグが出場機会の件で不満を抱く。同じく今季加入のハラジムがここまで良いから仕方ないね。

 

FM16Metaloglobus191

昨季活躍のアモリンが開幕前に負った負傷から復帰。頼れるゲームメーカーが帰ってきました。

 

 

FM16Metaloglobus193

先制されるもすぐさま取り返しドローに持ち込む。ホームで昨季1部だったクラブに勝ち点3を与えなかった。

 

FM16Metaloglobus194

ここまでゲームメイクでチームに貢献していたクラウズが練習で重傷。これは痛い…。

 

FM16Metaloglobus195

エネがトゥドラケによって負傷。トゥドラケは2年連続で味方を破壊。クラッシャーの称号を授けたい。

 

FM16Metaloglobus197

守護神サモイラがやっと怪我から復帰し練習に戻ってきた!

 

FM16Metaloglobus198

と思ったら翌日の練習で即負傷。復帰早々そんなハードに練習しなくても…。

 

FM16Metaloglobus199

このスピード感である。これで年内の試合出場は絶望的に…。

 

 

FM16Metaloglobus200

トゥドラケの直接失点に絡むミスで今季初の敗北。昨季から続いた連続無敗記録は20試合でストップ。

 

FM16Metaloglobus201

復帰して練習試合で調整させていたアモリンが負傷。クラウズが負傷してスタメンで起用しようとしていた最中の負傷。

 

FM16Metaloglobus202

若手FWトアデールも同じ練習試合で負傷。リーグ戦デビューがまた遠ざかる…。

 

FM16Metaloglobus203

前半に先制されるも後半にFWが相次いで得点し逆転勝利。相手の監督は誕生日だったらしいです。

 

FM16Metaloglobus206

前回の負けから一月もたたないうちにまた敗北。圧倒的に攻め込むも決定力を欠き得点を奪えない。そうしている内に

逆に以前メタログロブスに在籍していたマリンに恩返しを食らい敗北。昇格組相手のこの1敗はとても重いです。

 

FM16Metaloglobus207

共に昇格を争うオツェルル相手にエースの一撃で大事な勝利。ただスタッツを見ると1点じゃ寂しい感じです。

 

FM16Metaloglobus208

右WGのギネスクと出場機会の件で口論に。先発で起用しているオドビャヌの出来が盤石すぎて出番がありません。

 

FM16Metaloglobus211

エネがまたも負傷。サモイラ、アモリン、トアドールとなんだか今季は怪我を繰り返す選手が多いです。

 

12月終了時の順位表(18試合消化)

FM16Metalo181918

多少開幕頃よりも減速したものの引き続き我らがメタログブスが首位をキープ。

それにオツェルル、ヴォルンタリ、ヴァルチャと言ったチームが続いています。昇格を争うクラブは8位のガズ・メタンあたり

まででしょうか。あまり勝ち点差がないので再びペースをあげて突き放していきたいところです。

 

 

FM16Metaloglobus213

FM16Metaloglobus214

こちらは前半戦のリーグの個人記録。多少文字が見やすくなったはず…。

色々な項目でメタログロブスの選手がランクイン。特に平均評価のところは6人中4人がウチの選手たちです。

エースのジュルジは得点ランキング2位。怪我なく過ごせれば得点王も見えてきそう。

 

次にチーム内の個人記録。ちょっとデータの量を増やしてみました。

 

GK

FM16Metaloglobus215

守護神のサモイラが2度の負傷で出場できなかったため今季加入のマリネスクがここまで全試合でゴールを守っています。

印象的なビッグセーブは少ないもののリーグNo1の守備を一番後ろから支えています。あとGKの指標わかりにくい!

 

DF

FM16Metaloglobus216

DFではサイドの選手の評価点が凄い事に。アシスト数や評価点のもの凄いアキシンチュクをなぜ使わないのかと聞かれると

レザックの調子が落ちないのと代表召集でしょっちゅう留守にしているのが理由です。

 

MF

FM16Metaloglobus217

怪我で離脱があったもののクラウズの評価点がスゴイ高いです。ここには出してないけれどキーパスの数がチームNo1と

前任のガルスと同じようにチャンスメイクで効いています。またバラークが中盤の守備を引き締めているのがわかります。

昨季活躍のアモリンは相次ぐ負傷で結局前半戦に出場は叶わず。

 

FW

FM16Metaloglobus218

多少の離脱はあったもののエースFWジュルジが前半戦だけで2桁ゴールを達成してチームの得点源となっています。

あとドリブル率、空中戦の回数が高い数値でメタログロブスの攻撃はかなり彼に依存しているような…。

右WGのオドビャヌもなかなかいい感じ。アシスト数こそあまりないものの前線でかなり攻撃に関わっています。

若手FWトアデールは相次ぐ怪我で途中出場1試合のみにとどまる。怪我がちだった選手たちの後半戦の活躍に期待です。

 

 

FM16Metaloglobus220

 

FM16Metaloglobus221

 

FM16Metaloglobus223

 

FM16Metaloglobus222

 

不満を持った選手やボスマン移籍した選手を即刻移籍させる。

昇格を目指していく厳しい戦いの中でチームの為に戦えない選手は必要ない!

 

 

冬の補強

 

DF 12 マリアン・タクツァヌ

1819012

1部のクラヨーヴァからレンタルした若手CB。高さがやや足りないもののその他の守備能力は充分な物を持っている。

流石にCB2枚抜けると不測の事態があった場合大変なので補充と言った感じの補強。この冬の補強はこの一人だけ。

今ある戦力で昇格目指して戦っていきます。

 

 

FM16Metaloglobus225

ウィンターブレイク期間中の親善試合の結果。個人の役割などちょっと色々試してみました。

今リーグ戦では上手く行ってるので積極的には変えませんがちょっと行き詰った時に採用してみようと思います。

 

 

FM16Metaloglobus226

ウィンターブレイク明け後半戦の日程です。3月は8試合が組まれています。

その中でも最後の3試合はいずれも強敵で重要な試合になりそう。メタログロブスは首位の座を守る事ができるのか!

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。