上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROU21617

優勝したのはポリ。開幕すぐこそは躓いたものの中断前に首位に立ってからはその座を明け渡さず独走。

得失点差も+53とまさにぶっちぎっての優勝を決めました。そして痺れるような2位争いを制したのはトゥルグ・ムレシュ。

シーズン中盤までは中位だったのですが季節が深まるにつれ調子を上げて自動昇格の2位まで駆け上がっていきました。

3位はガズ・メタン。トゥルグ・ムレシュとは逆でずっと2位をキープしながらもシーズン終盤に調子を落とし自動昇格を逃し

入れ替え戦に回りました。しかしそこで1部のクラブを破り昇格を手にしました。

期待を裏切ったのは降格組のヴォルンタリ。序盤は上位につけていたのですが、昇格争いに絡んだのは結果的に

その序盤だけで中位を彷徨い結果中位グループでも下の方の15位に終わってしまいました。

我らがメタログロブスは終盤の好調で11位フィニッシュ。一応勝ち越し&得失点差プラスを達成することができました。

 

 

FM16Metaloglobus58

リーグの個人成績ランキング。メタログロブスの選手はMFガルスが評価点、FWジュルジが得点でランクインしてます。

 

次にチーム内の個人記録。

 

GK

FM16Metaloglobus59

正GKサモイラがほぼすべての試合でゴールを守りました。うん?と思うような珍プレーもなかったしまぁ安定していたと

言っていいんじゃないでしょうか。第2GKヴラシェは2試合に出場して無難な働き。とりあえずGKに不満を持たなかった

シーズンでした。

 

DF

FM16Metaloglobus60

今作はサイド評価点が甘めなのかだいたいのWBの評価が7点台。まぁサイドからクロス!クロス!な戦術なので当然かも。

逆にCBはミスをする度にどんどん評価点が下がっていくので低くなりがち。あとCBの得点が少ないのはセットプレーで

あまり得点できていないため。もっと工夫しないとなぁ…

 

MF

FM16Metaloglobus61

MFではリーグの評価点ランキングでも上位に名を連ねたガルスが目立ちました。メタログロブスの得点パターンはサイド

からのクロスですがそこに至る起点はほとんどこの選手から。まさに10番というような働きを見せてくれました。

その他の選手も皆まぁまぁな仕事ぶりでした。

 

FW

FM16Metaloglobus62

FWでは得点ランキング上位に入ったジュルジの活躍が目立ちます。FMで多い固めどりタイプではなく

バラけて点を取ってくれるので計算のできるストライカーとして存分に頼る事が出来ました。

ヘネルは逆に期待外れ。見た目で見える能力値的には強そうなんですが結局2点(うち1点はPK)とFW失格な数字に終わりました。

インサイドフォワードの選手たちは皆そこそこと言った感じ。たま~に得点力が爆発するけど普段は外しまくるみたいな…

理想としてはは両サイドのレギュラー選手が揃って二桁得点という形です。そうするとかなり安定して勝てるようになるはずです。

 

 

次に箱庭内のリーグの結果です。

 

イングランド・プレミアリーグ

ENG1617

スパーズがチェルシーと勝ち点、得失点差で並び得点数までもつれたデッドヒートを制し優勝。

そこにマンUとマンCが同じ勝ち点で並びます。お前ら仲良いな。  あとスウォンジーが降格してるの珍しい気がする。

 

リーガ・エスパニョーラ

ESP1617

昨年2位のバルサが優勝。アトレティコは惜しくも届かず。後はレアルとバレンシアがCLに出場を決めました。

EL圏は地味に混戦。セルタ、マラガ、グラナダと昨年中位のクラブが上位に食い込んでいます。地味にセビージャが中位。

 

ブンデスリーガ

GER1617

レバークーゼンがまさかの?連覇達成。そこにシャルケ、バイエルン、マインツと続きます。

バイエルン、ドルトムントと現実でもFMでも安定して強い2クラブがいまいちピリッとしてないシーズンですね。

 

セリエA

ITA1617

ユヴェントスが勝ち点96と2位に22の勝ち点差をつけて連覇。ゲーム開始前からこれで6連覇です。

昨季2位のミランが8位とやや低迷。久しぶりにセリエAに舞い戻ってきたペルージャは残念ながら最下位で1年で逆戻り。

 

リーグ1

FRA1617

PSGが連覇。こっちもゲーム開始前からこれで6連覇ですね。マルセイユ、ニース、レンヌは今年も強い。

逆に昨季5位のモナコが9位、6位のモンペリエが17位に沈んでいます。

 

CL

CL1617

バルセロナがチェルシーを下し優勝。チェルシーは2年連続の準優勝。ドイツ、スペイン、イングランド勢の中に

ウクライナのディナモキエフがベスト4まで進出。こういう主要リーグじゃない所の躍進を見るのは楽しいですね。

 

EL

EL1617

アトレティコマドリードがニースに勝ち優勝。今年は心なしか主要なリーグの強豪たちの影が薄いような…。

そのおかげ?かブルガリア、デンマーク、ポルトガル、ノルウェー、ウクライナ、ベルギーなど国際色豊かな感じになっております。

 

2016-2017シーズンのまとめ

 

FM16Metaloglobus66

 

FM16Metaloglobus63

 

FM16Metaloglobus65

 

FM16Metaloglobus67

大きい画像をいきなりいっぱい貼ってスミマセン。今シーズンの総まとめです。

シーズンの初めは順調な滑り出しで一時は3位まで上がったのですが10月ごろから減速。ウィンターブレイクを挟んでも

流れはあまり変わらず3月も不調。ようやく流れが好転したのは4月中旬でそこからシーズン終了まで負けなし。

順位の推移的には序盤ちょっと上位にいたぐらいで後はずっと中位。展開的には面白くないけれど残留争いに関わらなかった

のはいいことだと思います。

ファンの選ぶMVP&ベスト獲得選手は10番のガルス。この活躍で「好きな選手」の所に名前が載りました。

とりあえずメタログロブスでの1年目を中位という結果で終える事ができました。バイカルでは1年持たなかったので

そういう事を考えると1年目としてはなかなかいい結果だと思います。来季はもっと上を目指して1桁順位を目指したいです。

 

次回から2017-2018シーズンの戦いをお送りします。

スポンサーサイト

コメント - 2

-  2016, 04. 20 (Wed) 03:12

お疲れ様です!ガルス・・・活躍も名前も10番に相応しいカッコいい選手ですね。来季は昇格争い期待しています!

編集 | 返信 |  

わわらば  2016, 04. 21 (Thu) 00:32

>名無しさん

コメントありがとうございます
ガルス…ガブリエルだしなんか華麗な感じデスヨネ
なんとなくフリーで取った選手ですがこう活躍してくれるとぐっと愛着が湧きます
来季はブログ的にも面白い展開にできればいいなぁ…

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。