上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FM16Baikal2.jpg
今回指揮するバイカルは2009年設立で昨季3部リーグを制して初めての2部に挑むチーム。
バイカルという名前の通りあの有名なバイカル湖にほど近い街イルクーツクに本拠を置いています。




FM16Baikal3.jpg
今季戦うロシア2部の規定。前やってた時よりクラブ数が増え試合数が多くなってます。
20チーム制で5クラブ自動降格とは残留争い的な意味でなかなか厳しい。



FM16Baikal4.jpg
昇格候補一番手は松井大輔選手も所属していたトム・トムスク。
FM13の頃から3年くらいしかたっていないはずなのに全体的にかなり顔ぶれが変わっています。
いつの間にかゼニトやスパルタクのセカンドチームが参入してるしトルペドはなんか3部に落ちてるし…
我らがバイカルは下位予想。昇格組だし仕方ないね。



選手紹介

ロシア2部では外国人選手の出場/ベンチ入りは3人まで、期限付き移籍選手の保有は5人まで
というルールがあります。また選手登録をした選手のみしか出場することができません。
控えの登録は7人まで、交代可能な選手は4人までです。



GK 12 ヴィタリー・カルチェンコ
151612.jpg
ベラルーシのミンスクから借りた若手GK。敏捷性さを生かしたセーブに期待。

GK 1 ダヴィド・イカノヴィッチ
151601.jpg
バランスの良い能力のGK。飛び出しの積極性が特徴。
 
GK
31 マキシム・ストゥリン
151631.jpg
凡庸なGK。無駄にスピードはある。

DF 88 ドミトリー・ヤシン
151688.jpg
1部のテレクから借りている190cmの長身CB。チーム随一の高さを誇る。セットプレーの的として期待。

DF 17 ロマン・トカチュク
151617.jpg
左利きのCB。マーキング能力の低さとオフザボールの地味な高さが気になる。

DF 5 ヴァレンティン・ユラソフ
151605.jpg
ベラルーシのナフタンから借りたCB。なかなかまとまった能力でボランチもできる。

DF 4 セルゲイ・アヴァジムヤン
151604.jpg
左利きのCB。182cmあるのに高さはあまりない模様。左SBもこなすがむしろそちらが本職かも。

DF 33 アンドレイ・マイボロダ
151633.jpg
192cmの長身CB。スピードもあるがヘッドは不得手。世の中なかなかうまくいかない。

DF 35 ドミトリー・トルマチェフ
151635.jpg
アカデミー育ちの長身CB。でかいだけ?結構じゃないかとも言いにくい能力。密かにに両利き。

DF 2 ドミトリー・ピトレフ
151602.jpg
守備的な右SB。おそらく攻撃面には期待してはいけない。

MF 6 マキシム・マシュネフ
151606.jpg
アカデミー育ちの小柄なボランチ。ポジショニングに優れ中盤の守備の中心として期待。

MF 9 アレクセイ・ユスチュク
151609.jpg
チーム最古参の小柄な左利きのCH。左サイドやボランチもこなす。

MF 34 ヴィタリー・セレツキー
151634.jpg
小柄なCH。フィジカルを生かしたタックルが特徴か。

MF 8 セルゲイ・ナリュコフ
151608.jpg
テクニックが特徴のCH。テクはあるがパスがCB並の下手さというもどかしい感じ。

MF 7 パヴェル・チカダ
151607.jpg
ベラルーシのBATEから借りた両サイドできるSH。得意のロングシュートが炸裂する日は来るか。

MF 18 アントン・キセレフ
151618.jpg
視野などメンタル面の能力に強みを持つ左WG。左SHとトップ下、CHも出来る。

MF 32 ダヴィド・ミルジコフ
151632.jpg
同じリーグのヴォルガルから借りている左WG。サイドの選手に必要な能力をそこそこ持ち合わせている。

MF 13 エドゥアルド・ボグダノフ
151613.jpg
アカデミー育ちの右WG。加速力が武器。

MF 30 アザマット・ゴネズコフ
151630.jpg
ストライカーっぽい能力を持つ攻撃的MF。過去にロシア2部で2桁ゴールを記録した経験がある。

FW 20 ドミトリー・アクバ
151620.jpg
スタミナを中心に安定したフィジカルを持つFW。クラブ唯一のプレイスタイル持ち。

FW 90 ドミトリー・コルタヴァ
151690.jpg
背番号90を背負うFW。ドリブルが上手く攻撃の核として期待。

FW 10 ヴィアチェスラフ・キリロフ
151610.jpg
チームNo1のスピードを誇るFW。速さを生かしたドリブルが武器だがそれ以外の能力は微妙。



以上のメンバーで戦っていきます。全員実名選手とはいえなかなか厳しい選手層。

知恵を絞って残留を目指していきたいところです。



FM16Baikal8.jpg
とりあえず暫定のフォーメーション。3バックと守備的な中盤でがっちりとブロックを組んで、
ボールを奪ったらロングボールを前の3人に放り込んでなんとかしてもらうという単純な戦術です。
↑のメンバーを見れば分かる通りパス回せるような選手たちではないので仕方なくこんな感じに…




FM16Baikal6.jpg
そして開幕直前の就任だったので親善試合で戦術を試す間もなく開幕です。
早めに戦術を固めて安定した戦いができるようになりたいところ…



次回からいよいよ開幕。7月と8月の結果をお伝えします。
スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。