上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM15COL15
さっそくですが8,9月の結果です。(間違えて10月の1試合目もやってしまったけどキニシナイ)
10試合で4勝4分2敗となかなかのスタートを切ることができ一時は昇格圏の3位につけることもできました。ゆるく振り返っていきます。

 

開幕戦、TV中継と注目が集まる中見事に逆転勝ちを演じ見事なスタートを切ることが出来たものの、2戦目の昇格候補アミアンに

3点決められ敗北し早くもそんなに甘いリーグではないと言う事を知らしめされる。さらにコロミエ戦ではDFラインの裏を取られまくれ20本近いシュートを撃たれる。

相手の決定力のなさに救われ結果こそドローだったが、フリーの場面を作られまくれ監督の心臓に悪すぎたために、

「攻撃的な守備」というコンセプトを早くも断念( 「もっと後ろに下がれ」「プレスをもっと控えろ」という指示をししっかりと陣形を守ってフリーの場面を

作らせないような戦術に変更。それが功を奏したのか知らないがそこから6戦負けなしと結果がついてくる。(引き分けの方が多いけど)

 

FM15COL14

その負けなしの中で特に良い試合だったのが上位につけるストラスブール戦。開始早々にセットプレーの流れから先制点を奪うとそこから試合は

コルマールペースに。ストラスブールはシュートこそ撃っているが、しっかりと引いたこちらの守備陣を崩せずエリア外からのものばかりで決定的な物はなし。

逆にコルマールはドリブル突破からのスルーパス、サイドを深くえぐってからのクロスと相手エリア内に上手く侵入し次々と追加点を奪うことができた。

結局最後までストラスブールにペースを作らせず3得点でクリーンシートの完勝。昇格候補から大事な1勝をあげることができました。

 

 

FM15COL16

ストラスブール戦の次のリュソン戦では完敗に終わったもののなかなかやれそうな空気を感じた8月、9月の戦いでした。

 

この10試合くらいを戦って気になるのは相手のミドルシュートの上手さ。むやみに食いつかずしっかりと守備陣形を整えているので相手選手が

ミドルシュートをよく選択するのですがそれがとてもうまく既に3点くらい決められています。3部だし適当に吹かしてくれるだろうと思って

ミドルを撃たせる戦術にしているのですが、かなり綺麗なミドルをぶち込まれてしまっていますw 3部でこれならディビジョンが上がるともっと

決められるのかと思うと恐ろしいです。でもラインの裏に良いボールを出されてGKと1対1からの失点の方がイヤなので当分はこの守り方で行こうと思います。

 

FM15COL11

FM15COL12
この2カ月で出た怪我人二人はどちらも重傷。特にFWトゥーレは7試合3ゴールとまずまずの結果を出していたのでかなりの痛手。

 

FM15COL17
この8月9月で絶好調だったのはFWディアワラ。当初はスーパーサブだったので出場時間は少ないのですが
ここまでリーグ2位の6得点を記録。出場時間を90分平均にすると1試合1得点以上ペースというすごい活躍。
この2カ月間のチームMVPは彼で決まりです。

 

9月終了時点の順位表(全10試合消化)
FM15COLpld10
10月の1試合含んじゃってますが開幕2カ月を消化しての順位表。
1位はUSブルゴーニュと2位のストラスブールがやや抜けだしているといった感じ。3位から中位までの勝ち点は詰まっていてその間に我らがコルマールも入っています。
この集団を抜け出せるかが今後のポイントという感じでしょうか。
そして予想屋が上位予想したパリFC、CAバスティアが降格圏に沈んでいます。やっぱり当てにならない!

 

FM15COL18
1試合やっちゃいましたが次回の10月と11月の日程です。
首位のUSBCOやレッドスター、イストルなど上位陣との大事な試合が待っています。その他ではカップ戦も見過ごせません。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。