上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bellaria.2016-2017 4~5
シーズン閉幕までの試合はこちら。残り七試合で残留圏までの勝ち点差は4。まさに正念場です。
しっかりと勝ちを拾って悲願の残留を果たすことができるのか!



4月2日(日) セリエA 第32節 ベッラーリア(19位 勝ち点28)vsリヴォルノ(11位 勝ち点44)
Bellaria.2017.4.2.result
ホームでリヴォルノと対戦。前回対戦はアウェイでこちらが敗れています。
スタメンはこちら。リヴォルノは冬の移籍期間にムッルキツィウという両サイドバックを獲得し戦力アップに成功しています。
前半はリヴォルノに押されぎみだったがスコアレスで進行。後半に入ると右サイドを崩されディアマンティに決められ先制を許す。
その後はこちらのペースになりチャンスをいくつか作るが得点には結びつかずそのまま試合終了。
残留に向けて勢いをつけたいところだったが大事なラスト2カ月の初戦を落としてしまった。


Bellaria.2017.4.6
長身FWマフムーダバディがチーム復帰。セリエA残留の救世主となることはできるのか。

 

4月9日(日) セリエA 第33節 カターニア(9位 勝ち点46)vsベッラーリア(19位 勝ち点28)
Bellaria.2017.4.9.result
アウェイでカターニアと対戦。前回ホームでは3-0と快勝している相手です。
スタメンはこちら。ホームシックを克服した?マフムーダバディを早速スタメン起用。
カターニアは今冬の移籍期間で守備力の高いDFバッケッティをエンポリから引き抜いています。
試合が始まってすぐの4分にコーナーキックの混戦の中でボールを拾ったマフムーダバディが押し込んで早速の復帰弾!先制に成功。
その後も終始ベッラーリアのペースで試合が進んでいく。しかし後半終了5分前こちらもコーナーキックの流れから
エリア内へのセンタリングがヴァスに当たりボールの角度が変わり、味方ゴールへ吸い込まれていった。そしてそのまま試合終了。
痛恨のオウンゴールで勝ち点3を逃すこととなった。この試合のドローで連続未勝利が5試合に。何度目だろう(

 

Bellaria2016-2017last5
ラスト5試合を残しての降格圏付近の順位表。なぜかここに来て調子を上げ始める下位クラブたち。
残り5試合で残留圏との勝ち点差は6。ヤバいとかそういうレベルではない…。

 

 

4月15日(土) セリエA 第34節 ベッラーリア(19位 勝ち点29)vsボローニャ(12位 勝ち点45)
Bellaria.2017.4.15.result
ラスト5試合に突入。今日の相手はボローニャ。前回の対戦ではボローニャが勝利しています。
スタメンはこちら。ここまでチーム1位の先発数だったベネデッティを外す。
相手の要注意選手はここまでで18ゴールをあげているエースFWインモービレでしょう。
前半26分相手のパスワークに守備を完全に崩され先制を決められるとさらにPKで追加点を奪われる。
後半開始早々センシの直接FKが決まり1点差とするが追いつけず。逆にセットプレーでダメ押され終戦。
シュート数では圧倒しながらもそれをスコアへと反映させることができず敗北。これで6試合勝利なし。

 

4月23日(日) セリエA 第35節 パドヴァ(20位 勝ち点16)vsベッラーリア(19位 勝ち点29)
Bellaria.2017.4.23.result
アウェイで最下位のパドヴァと対戦。前回の対戦ではドローに終わっています。
スタメンはこちら。前節外したベネデッティが1試合で先発復帰。パドヴァのキープレイヤーはここまで15ゴールの
エースFWフェツェシンでしょう。というかなんで15点取れるFWがいて最下位なんだ。
試合は最下位にまさかの完敗。不運が重なってとかじゃなく支配率とかパス成功率とかシュート数でも上回られての完敗。
どちらもサイドからのクロスでやられました。途中出場のアレのゴールで1点を返したのも虚しく完敗。何度でも言うが完敗。
パドヴァに2月5日以来の勝利を与えこれで7試合勝利なし。


4月30日(日) セリエA 第36節 ベッラーリア(19位 勝ち点29)vsナポリ(4位 勝ち点63)
Bellaria.2017.4.30.result
ホームでCL出場権内を狙うナポリと対戦。前回アウェイではこちらが敗れています。
スタメンはこちら。若いノダーリやキシュを起用。フレッシュさで今の重苦しい雰囲気を吹き飛ばしてもらいたい。
ナポリはメルテンスアルビオルクリホヴィアクと言った主力を温存してきました。ナめられておる…!
前半は0-0に持ち込むことが出来たが後半開始早々投入されてすぐのメルテンスにゴールを奪われ先制される。
さらにそのすぐ後には小柄なインシーニェにヘッドで追加点を奪われ突き放される。ベッラーリアも試合終了間際に
ロングスローからマフムーダバディが決め1点を返すが及ばず敗北。これで8試合勝利なし。
この敗北で…。

 

Bellaria.2017.4.30a
2試合を残しての降格が決定…。実は複数年監督したクラブで降格するのはこれがだったりします…。

 

5月7日(日) セリエA 第37節 キエーヴォ(14位 勝ち点42)vsベッラーリア(19位 勝ち点29)
Bellaria.2017.5.7.result
降格が決まってもシーズンは続きます。今日はアウェイで前回勝利しているキエーヴォと対戦。
スタメンはこちら。降格が決まったので去年使用したシステム、若手中心で挑みます。
キエーヴォはエースのパロスキが怪我で欠場ですが昨季上位で力のあるクラブです。
前半はスコアが動かなかったが後半開始すぐ良い位置でFKを得るとそこからのパスにドンコールが頭で合わせてゴール!
敵地で先制点を得る。さらに後半39分には相手選手が退場しこちらのペースが強まる。すると終了間際には若手FWノダーリの
リーグ戦初ゴールが生まれだめ押し。試合を決定付けた。原点回帰のシステムが効いたのか残留争いの重圧から解放されたのか
わからないが快勝で2月26日以来の勝利。さらにアウェイ戦に限ると去年の10月30日以来の勝利となった。



5月14日(日) セリエA 第38節 ベッラーリア(19位 勝ち点32)vsジェノア(16位 勝ち点39)
Bellaria.2017.5.14.result
今日は最終戦。16位のジェノアと対戦。前回ホームで敗れている相手です。
スタメンはこちら。若手を起用したかったがU代表の試合に持っていかれてしまったので外国籍な若手が中心です。
ジェノアはアシストランキング上位につけるジャッケリーニを中心に攻撃を展開してきます。
笛が鳴って30秒も経たない最初の流れで失点。最悪の立ち上がりを迎える。前半はこの0-1のままで終了。
後半23分にマフムーダバディが高さを生かしたゴールで同点に追いつくもその僅か数分後にDFのクリアミスを
高い位置で奪われ素早い攻撃を食らい勝ち越し。結果この軽率な守備で勝負あり。
シュート数、支配率で大きく上回るも攻守でミスが目立ち、シーズン最後の試合を敗北で締めくくることになってしまった。


 

Bellaria.2016-2017 4~5A
1勝1分5敗と結局粘りを見せることもなくあっさりと降格。最下位パドヴァに完敗した試合を筆頭になんだかなーな試合が多かったです。
この2ヶ月間では降格決定後の若手中心で挑んだキエーヴォ戦の勝利くらいしか明るい材料はありませんでした。

 

セリエAにはプレイオフや入れ替え戦がないので最終的な順位表と個人成績は次の記事で貼ることにします。
次回はそれを含めて今シーズンのまとめを行いたいと思います。

スポンサーサイト

コメント - 2

ぶるべあ(・ω・)  2015, 03. 04 (Wed) 22:08

ああ……残念でした……(´・ω・`)
一から這い上がったベッラーリアの冒険の旅も1部リーグの厚い壁に阻まれた感じですね
長い挑戦の旅、お疲れ様でした、……はまだ早いのかな(・ω・) 解任はされていないのですね
もうちょっとだけ続くんじゃ?

編集 | 返信 |  

わわらば  2015, 03. 09 (Mon) 19:25

>ぶるべあさん

セリエA残留を果たせたらカッコ良かったのですがそううまくはいきませんでした…
セリエA、下位のクラブでもめちゃくちゃ能力高い選手がいてズルいってなりました。
無駄に信用はあったので解任はされてませんw とりあえずもう1回くらいセリエAを戦ってからシリーズ終了としたいですねー。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。