上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bellaria.2016-2017 12~1
12月と1月の日程。リーグ戦は2週目に突入します。ナポリ、2週目のミランインテルと強豪どころと対戦します。
またコッパ・イタリアの本戦ではフィオレンティーナと対戦。できるだけ勝ち進んでいきたいところ。

 

12月4日(日) セリエA 第15節 ボローニャ(7位 勝ち点22)vsベッラーリア(16位 勝ち点15)
Bellaria.2016.12.4.result
アウェイで現在7位のボローニャと対戦。昨シーズンは9位のチームです。
スタメンはこちら。快勝したカターニア戦と同じメンバーで行きます。FWのインモービレがキープレイヤーでしょう。
先制されるとあっという間に追加点を取られ2-0と突き放されてしまう。2点ビハインドになってからはこちらが優勢になるも得点は入らない。
後半にやっとオウンゴールで1点を返し反撃ムードが高まるが逆に直接FKを叩きこまれ試合終了。
前の快勝からの流れを生かせず敗戦…。

 

12月8日(水) コッパ イタリア 1回戦 フィオレンティーナ(セリエA)vsベッラーリア(セリエA)
Bellaria.2016.12.8.result
この試合はコッパ・イタリア。相手はリーグ戦だと引き分けだったフィオレンティーナです。
スタメンはこちら。リーグ戦の状況が厳しいのでメンバーを落として戦います。相手はジュセッペ・ロッシが先発などまぁまぁガチ。
試合は控えの質の差が顕著に表れた力負け。先制するもジェセッペ・ロッシと途中から出てきたマリオ・ゴメスに決められてしまった。
この敗北でカップ戦は終了。リーグ戦に集中するチャンスだからく、悔しくないし…。

 

12月11日(日) セリエA 第16節 ベッラーリア(16位 勝ち点15)vsパドヴァ(20位 勝ち点7)
Bellaria.2016.12.11.result
今日の相手は最下位のパドヴァ。昨季セリエBで4位だったチームです。
スタメンはこちら。前回リーグ戦からルッソットを下げラブシッチを起用。注意すべきは今季9ゴールと得点源のフェツェシンでしょう。
こちらがたくさんシュートを放つも全く枠に行かない。結局試合終了までゴールネットを揺らすことはかなわず引き分け。
ホームで最下位相手に痛い勝ち点1。流れがよろしくない…。


Bellaria.2016.12.14
若手FWピオヴェサンがアレからの指導を打ち切りに。ただちゃっかりと「相手ゴールに背を向けてプレイする」を習得していますw


Bellaria.2016.12.15
監督を解任したインテルがガットゥーゾを招聘。色々な意味で面白そうです。

 

12月18日(日) セリエA 第17節 ナポリ(5位 勝ち点29)vsベッラーリア(16位 勝ち点16)
Bellaria.2016.12.18.result
アウェイで昨年度3位のナポリと対戦。序盤こそパッとしなかったがここに来て調子を出しつつあるクラブです。
スタメンはこちら。前の試合いまいちだったドンコールを下げアルベルタッツィを起用。
相手のナポリのイグアインメルテンスグルキュフピャニッチという恐ろしい前線を抑えられるか。
守って守ってドロー狙いあわよくばカウンターで勝ち点3と言う作戦を考えていたが開始早々にゴールを決められそのプランは潰える。
こちらもロングボールで効率よく決定機を3回ほど作るが決め切れず。失点は2で抑えたが最終的に19本のシュートを浴びせられる敗北。
アウェイで強豪相手に波乱を起こせず敗北。これでリーグ戦3試合勝ちなし。


Bellaria.2016.12.19
ペペがナポリ戦で負傷。怪我は多いが1カ月以上みたいな重傷がないのが救い。

12月21日(日) セリエA 第18節 ベッラーリア(17位 勝ち点16)vsキエーヴォ(13位 勝ち点20)
Bellaria.2016.12.21.result
ホームで昨年5位のキエーヴォと対戦。今季はELに参戦していましたがその影響か13位とあまり調子が良くないチームです。
スタメンはこちら。前の試合から大幅に変更。相手には昨季得点王のパロスキやゲームメイカーのピサーロデフールなど好選手が揃います。
相手のコーナーキック(攻め)で守備の戻りが遅れたところをスプリュエが突き独走ドリブルからゴール。先制を奪う。
が、後半に入ってすぐ守備陣にミスが相次ぎ失点。同点に追いつかれてしまう。このまま終了かと思われた終了間際コーナーキックが相手選手に当たり
ラッキーな形で得点が入る。結果これが決勝点となり勝利。
戦力の高いクラブから勝ち点3をもぎ取り4試合ぶりの勝利!

 

Bellaria.2017.1.3
ポルトガルのマリティモから面接オファーが。監督としての知名度の上昇をしみじみと感じながらお断り。

 

Bellaria.2017.1.3b
休み中の練習試合で怪我をするマッティエッロ。サイドの選手になぜか怪我が集中します。



冬の補強

 

MF マルコス・アンドレ  
Marcos Andre(2016-2017)
フリーになっていたところを獲得したU-23ブラジル代表MF。守備型とおもいきやパスも上手いボランチです。

MF フアン・イグナシオ・カバジャロ
Cavallaro(2016-2017)
アルゼンチンのクラブから18.5Mで獲得した逆足の左MF。安い、イタリア国籍持ち、模範的プロフェッショナルとプレイヤーにとても優しい選手です。


FW セイエド・アリ・マフムーダバディ
Mahmoudabadi(2016-2017)
フリーになっていたところを獲得した若きイラン代表FW。その武器は何と言っても202cmの長身を生かしたヘディング!

 

以上この移籍期間で3人の選手を獲得。どの選手もフリーや安価で獲得できたのでケチな監督的にとても満足です。


1月8日(日) セリエA 第19節 ベッラーリア(16位 勝ち点19)vsジェノア(18位 勝ち点14)
Bellaria.2017.1.8.result
ホームで昨季13位のジェノアと対戦。高い攻撃力を誇りながらも守備に課題があり18位と降格圏に沈むチームです。
スタメンはこちら。前の試合から4人メンバーを変更。要注意選手はアシストを量産するベテランMFジャッケリーニでしょう。
オウンゴールでラッキーな先制点を得たものの前半の間にイガロにゴールを奪われ同点とされてしまう。
後半始まってすぐには相手にPKを与える。幸い相手がそれを外すが結局決勝点を奪われてしまったのでそんなに意味はなかった。
終わってみればシュートを2本しか撃てなかったという情けない負け方。下位のクラブから痛い敗北。

Bellaria.2017.1.14
成り上がりに主力として貢献してきたMFラインターラーにセリエBのローマから高額オファーが来たので受託。ステップアップ?

 

1月14日(土) セリエA 第20節 ベッラーリア(17位 勝ち点19)vsサンプドリア(6位 勝ち点32)
Bellaria.2017.1.14.result
ここから2順目。ホームにサンプドリアを迎えます。開幕戦での対戦ではこちらが敗れています。
スタメンはこちら。前のふがいない試合内容から大幅にメンバーを変更。サウロンゴクルスティチッチのトライアングルには注意したいところ。
前半をスコアレスで折り返して迎えた後半、ルッソットがクロスに頭で飛び込み先制する。しかし十分と経たない間に守備陣を完全に崩され
完全フリーのシュートを撃たれ同点とされる。その後は特に目立った動きはなく試合終了。
とりあえず上位の相手から勝ち点1を獲れたのは良かったかな。


1月22日(日) セリエA 第21節 ACミラン(3位 勝ち点39)vsベッラーリア(16位 勝ち点20)
Bellaria.2017.1.22.result
サンシーロでミランと対戦。前回の対戦ではロスタイムに追いつかれての引き分けでした。
スタメンはこちら。スプリュエに替え冬に新加入のカバジャロ、コーミに代えて前の試合途中からの投入でゴールを決めたルッソットを起用。
ミランはバロテッリニアンの2トップにエル・シャーラウィーベラルディの両サイドハーフと超攻撃的な布陣を敷いてきます。
試合はその強力攻撃陣のこちらがやられっぱなしでシュート16本を浴び4失点。主将ルッソットの2試合連続ゴールも実らず。
この大敗で3試合勝利なし。

 

1月29日(日) セリエA 第22節 ベッラーリア(17位 勝ち点20)vsインテル(14位 勝ち点26)
Bellaria.2017.1.29.result
ホームに現在14位とあまり調子のよくないインテルを迎えます。前回の対戦ではインテルが勝利しています。
スタメンはこちら。前の試合の大敗を受けてDF陣を中心にメンバーを大幅変更。
インテルは冬に獲得したヨニツァガブリエル・シウバなどを先発として起用してきました。
試合は枠内へのシュート数がこちらは5、インテルは2とこちらの方が多く撃っていたのだが決定力のところでインテルがこちらを上回った。
不調のインテルに強豪の地力のようなものを見せつけられ敗北。これで4試合勝利なし。


Bellaria.2017.1.29
さらにこの試合で左サイドのスプリュエが負傷。カバジャロ取ってて良かった…。

 

Bellaria.2016-2017 12~1A
コッパ・イタリアは本戦1回戦で敗退。リーグ戦もキエーヴォ戦の1勝ののみとかなり不調な2ヶ月でした。
下位のパドヴァやジェノアから勝ち点3を取れなかったのはこれから先に響いてきそう。


1月終了時点のセリエA個人ランキング
Bellaria.2016-2017 22rank
平均評価の項目はビダルマリオ・ゴメスジルージョレンテエブエとかなり有名な選手の名前が並びます。
得点ランキングはマリオ・ゴメスが1試合1点ペースで独走中。ジルーは得点、アシストランクで共に2位とウディネーゼを引っ張る活躍を見せています。



1月終了時点のセリエA順位表
Bellaria.2016-2017 22pld
(ほぼ)22試合が終わっての順位表です。首位は同じ勝ち点49でカリアリとユヴェントス。少し前まで調子の良かったトリノは失速して6位まで後退。
降格圏内は依然ジェノア、エンポリ、パドヴァの3チーム。ベッラーリアも相変わらず危ないポジション。これ以上もたもたしていると本当に降格圏に落ちてしまいそうです。


次回は2月と3月の試合。ベッラーリアは残留争いを脱することができるのか!

スポンサーサイト

コメント - 2

ぶるべあ(・ω・)  2015, 02. 25 (Wed) 20:18

更新お久しぶりですお疲れ様です
獲得した三人はどれもいい選手ですね(^ω^)
僕だったらヘッドの低いボランチは絶対に取りませんが(;^ω^)←ロングボール負け大嫌い
2m超えのストライカー君はいいですね!←ロングボール勝ち大好き
ベッラーリア残留へ向けて正念場ですね。頑張ってください(`・ω・´)!

編集 | 返信 |  

わわらば  2015, 02. 27 (Fri) 02:25

>ぶるべあさん

買ってもいないのにFM15のパッチが出たというので焦って更新に取りかかる私です
>獲得した三人はどれもいい選手ですね(^ω^)
何よりタダor安いというところが最高です。
>ロングボール
多少の欠点に目を瞑るのがプロビンチャスタイルです(キリッ
マフムーダバディ君は代表でいなくなったりホームシック発症したり今のところちょい期待はずれですorz
目標の残留達成は現在黄信号灯ってるような気がしますが諦めずに頑張ります!

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。