上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bellaria.2016.6.29
来たるセリエA開幕。それに先立ち今季の予算が発表されました。
「降格を回避する」というもっとも低い目標を選択しましたが、その額日本円で言うと約40億円
昨季から比べるとだいたい8倍くらいです。セリエA恐ろしい。

 

Bellaria.2016.6.17b
新たなスポンサーを発表。昨季の14倍くらいという驚異の伸び。セリエA効果恐ろしい。

 

Bellaria.2016.6.22
Bellaria.2016.6.17
健全経営でベッラーリア初の黒字を確保。ただそのおかげで約1億円課税されることに…。


Bellaria.2016.6.29c
セリエAの放映権料を獲得。約45億円。 え、何この額…。セリエA恐ろしい。

Bellaria.2016.6.29d
今季から同じディヴィジョンとなったので親クラブチェゼーナとの提携が解消されました。今までお世話になりました。
中心選手のセンシなどを貸してもらっており、おそらく提携クラブでなかったら3年でのセリエA昇格はかなわなかったでしょう。

Bellaria.2016.6.30
開幕前に3年契約のオファーが来ました。これでシーズン途中解任とかやめてくださいよ?


Bellaria.2016.6.30c
ユース施設を増強。いつかユース卒の選手がトップチームの主力として活躍!そんな未来を願って…

Bellaria.2016.7.1
開幕前にフランスから複数の練習試合のオファー。こんな見出しあったんですね。というかフランスで人気あったのか…。



移籍履歴
Bellaria2016-2017-Transfer_thumb9
今シーズンの選手の動きです。セリエAで通用しなさそうな選手たちを放出。ジャンドレイなど今まで貢献してきた選手も含まれるが慈悲はない。
肝心の補強は、軸として考えてる選手や有望な若手選手など17人もの選手を獲得。詳細は後に説明します。

選手一覧

No

Pos

名前

年齢

昨シーズン成績

コメント

1

GK

オスカル・ウスタリ

30

19試合/22失点/無失点4/評価点6.99

元アルゼンチン代表。イタリア系なのでイタリア語を話せるようです。

12

GK

ジョフレイ・レンベ

27

38試合/54失点/無失点12/評価点7.08

中央アフリカ代表。昨年まで正GKを務めてきた妖怪ポスト殴り。

21

GK

ミケーレ・ロトロ

16

0試合/-失点/無失点-/評価点-

3部から引き抜いた有望株。未来の守護神候補。

2

DF

マルチェロ・アーメトヴィッチ

20

38試合/2得点/2アシスト/評価点7.06

昨季から引き続きレンタル加入。今季も元気にロングスローを投げ込む。

3

DF

メディ・ハーリス

27

37試合/1得点/0アシスト/評価点6.92

4部時代から在籍する長身センターバック。

5

DF

イサック・ドンコール

20

41試合/11得点/3アシスト/評価点7.19

昨季レンタルから完全移籍。只今U-23ガーナ代表として五輪出場中。

15

DF

ルカーシュ・パラスカ

19

23試合/3得点/0アシスト/評価点7.10

スロバキア代表の新星。若手ながら充実した能力を持つ。

22

DF

ファビオ・レンツェッティ

17

0試合/-得点/-アシスト/評価点-

ベッラーリアの未来の守備の要。強豪からオファーありも契約更新に成功。

23

DF

ミケランジェロ・アルベルタッツィ

25

41試合/0得点/1アシスト/評価点6.86

バランスの良い能力を持つ左利きのCB。この人も地味にロングスロー能力が高い。

4

MF

マックス・ラインターラー

21

38試合/0得点/4アシスト/評価点7.03

4部時代からベッラーリアの中盤を支えていた選手。まだ21歳と意外にも若手。

6

MF

アダム・ヴァス

27

23試合/2得点/4アシスト/評価点7.41

ハンガリー代表。セリエAで通用する守備構築の為のキーマン。

7

MF

シモーネ・ペペ

32

35試合/10得点/13アシスト/評価点7.32

元イタリア代表。セリエAに完全復活をアピールする。

8

MF

アントニオ・ノチェリーノ

31

22試合/2得点/0アシスト/評価点6.93

公認会計士の資格を持つ経験豊富な元イタリア代表。

13

MF

ポントゥス・ヴェアンブローム

30

19試合/1得点/0アシスト/評価点6.95

元スウェーデン代表。ELなど国際経験が豊富な選手。

14

MF

ステファノ・センシ

21

41試合/10得点/29アシスト/評価点7.33

アシストを量産し昇格に貢献した司令塔。いつの間にか「伝説的選手」になってた。

16

MF

ジャンドメニコ・メスト

34

30試合/3得点/5アシスト/評価点6.76

元イタリア代表。模範的プロフェッショナルの性格で指導役としても期待。

17

MF

ブルノ・スプリュエ

19

3試合/0得点/1アシスト/評価点7.00

なぜか格安で獲得できたクロアチアの有望株。クロスドリブル共にイケそう。

20

MF

アンドレア・ルッソット

28

36試合/15得点/6アシスト/評価点7.01

北京五輪にも出場した「カッサーノ2世」。FMファンには有名?

24

MF

フィリップ・ルコンテ

17

20試合/0得点/1アシスト/評価点6.68

ビッグクラブが興味を示す有望株。まだ契約更新に応じてくれていなく不安です。

25

MF

アレッシオ・ベネデッティ

26

41試合/2得点/2アシスト/評価点6.79

攻守ともに貢献できる中盤のバランサー。

26

MF

エットーレ・バルバンティ

18

12試合/1得点/1アシスト/評価点6.98

貴重な生え抜き。クラブNo.1のスピードスター。

27

MF

フェデリコ・マッティエッロ

21

29試合/4得点/6アシスト/評価点7.01

昨季レンタルから完全移籍。昨季は怪我が多かった。

28

MF

ペテル・キシュ

18

21試合/7得点/3アシスト/評価点7.47

上背はないが高い総合力を持つ若手有望センターハーフ。

29

MF

ロレンツォ・アクイランティ

16

0試合/-得点/-アシスト/評価点-

アマチュアクラブからやってきた有望株。

9

FW

ミハル・ラブシッチ

26

43試合/24得点/12アシスト/評価点7.08

セリエBで得点を重ねた今季のエースストライカー候補。

10

FW

ティボー・アレ

27

37試合/21得点/14アシスト/評価点7.32

4部、3部、2部と3季連続で二桁得点を記録したベッラーリアの大黒柱。

11

FW

ジャンマリオ・コーミ

24

29試合/11得点/4アシスト/評価点6.90

ベルギー1部で2年連続二桁得点の実力者。リアルでは噛みつきをやらかしたらしい。

18

FW

ステファノ・カステラーニ

24

33試合/19得点/9アシスト/評価点7.31

中盤にかけての連続得点で昇格に貢献したストライカー。

19

FW

アンドレア・ノダーリ

17

0試合/-得点/-アシスト/評価点-

「次代のパオロ・ロッシ」。ビッグクラブからのオファーがあるが只今契約更新中。

30

FW

ワルテル・ピオヴェサン

16

0試合/-得点/-アシスト/評価点-

4部から獲得した194cmの怪物ストライカー。最近の16歳はすごいですね。

は完全移籍で加入 期限付き移籍で加入 名前クリックで画像が開きます。

これが今シーズンのセリエAを戦う選手たちです。なんとなく表にしてみました。そしてポジションの所に色をつけたらサカつくっぽくなった。
ポジションごとに戦力を確認していきます。

GK  新加入のウスタリが今シーズンの正GK候補。
ただ昨シーズンの誰かさんのように国に馴染まなかったり故障がちだったりした場合は昨シーズン同様レンベが守護神を務めることになりそう。
第3GKは今季引き抜いたロトロ16歳。正GK、第2GKが同時に離脱するなんてことないだろHAHAHAということでこの判断となりました。


DF  今季も3バックを採用予定なのでセンターバックしか用意していません。
レギュラーとして考えているのは、左から新加入のアルベツタッツィ、パラスカ、ドンコールの3人ですがそんなに固定するつもりはないです。
アーメトヴィッチやハーリス、成長具合によってはレンツェッティにも出番が回ってくるかもしれません。
アルベルタッツィのところは本当はカルディローラという選手を獲得したかったのですがドイツ2部のホッフェンハイムに負けて獲得失敗。金か、金の問題なのか。


MF  中盤のレギュラー争いは熾烈。守備能力が高いヴァス、ヴェアンブローム。展開力のあるベネデッティ、キシュなど粒揃い。
ただセリエAでは攻められる時間がおそらく長くなるので守備的な選手の方が出番が多くなりそう。
サイドはスプリュエとペペが基本線。ただどちらも怪我が多い体質なので控えの選手にも出番が回ってくるだろう。
トップ下のレギュラーは昨季と引き続きセンシを起用予定。弱小クラブにとってセットプレーは大事なので彼の右足には期待大。
ルッソットは自ら持ち込んで決めることができる選手でトップ下の他にもFWの位置での起用も考えています。


FW  FWのレギュラーはここまでチームを引っ張ってきたアレと今季加入のラブシッチをレギュラーと考えています。
ただFWは本当に調子(と運)に左右されるポジションなので絶対的なレギュラーということにはならさそう。
ノダーリ、ピオヴェサンという有望な若手にも注目。



戦術
Bellaria.16-17.formation_thumb3
まずこれが昨シーズンまで使用してきた3-5-2。セリエBで一番の得点数を記録した所謂自分たちのサッカーです。
高いライン設定で細かいパスを回しながら支配率を高めシュートを浴びせるというスタイルですが、敵の個人能力が優れるセリエAで通用するかどうかは未知数です。


Bellaria.16-17.formation2_thumb1
次に今季から採用予定の新システム。巷では士フォメと呼ばれているヤツです。
トップの枚数を減らし中盤を厚くすることで守備力を高くするというのがこのシステムの目的。
ただこちらも全然実戦で試していなく調整は必須。どちらにせよ未知数という…。


選手、戦術ともに正直不安ですがもう少しで開幕。いったいどうなることやら…とりあえず戦ってみないと分かりません。
目標であるセリエA残留を目指して試行錯誤していく日々が始まります。

次回は今季初参戦するセリエAとセリエAのライバルたちを紹介します。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。