上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bellaria.2013-2014 12~1

12~1月の日程はこちら。現在不調のベッラーリア。これ以上順位を下げると厳しいので復調していきたいところ。


12月1日(日) レガ プロ セコンダA 14節 ベッラーリア(10位 勝ち点17)vsヴィルトゥス・ヴェコンプ・ヴェローナ(16位 勝ち点12)
Bellaria.2013.12.1

今日の相手は下位のヴィルトゥス・ヴェコンプ・ヴェローナ。長いからVVVでいいよね(
スタメンは前試合で退場したMFゲグエンのところにアルサメンディ。2トップをフェレッティ、ボネッリに戻しました。
あとサイドのラファティの代わりに懲りもせずヴィタリーを先発。
試合はここ2試合のうっ憤を晴らすような攻撃で3発快勝。この勝利をきっかけにまた調子を取り戻していきたいところ。


Bellaria.2013.12.1(2)

レギュラーのFWボネッリが負傷。軽傷で良かったです。

Bellaria.2013.12.1(3)

ときどき出場機会のあったFWカランシがハム断裂の重傷。ついに重傷者が出てしまったか・・。


Bellaria.2013.12.2

パレルモといえば監督解任、監督解任といえばパレルモでお馴染みのパレルモが監督を解任。なんとなく貼っておきたかったw


12月7日(土) レガ プロ セコンダA 15節 レアル・ヴィチェンツァ(12位 勝ち点16)vsベッラーリア(9位 勝ち点20)
Bellaria.2013.12.7

アウェイでレアル・ヴィチェンツァとの対戦。出停開けのMFゲグエンが復帰、怪我人が相次ぐFWはグランディとフェレッティの2トップ。
MFヴィタリーをあきらめてラファティが先発に復帰。
先制された後相手の退場を生かして、いったんは同点に追いついたものの試合終盤に勝ち越され痛い敗北。
追いついた後も超攻撃的指示で勝ち越しを狙いにいったのが失敗だったか。


12月15日(日) レガ プロ セコンダA 16節 ベッラーリア(10位 勝ち点20)vsフォルリ(7位 勝ち点24)
Bellaria.2013.12.15

ここからホーム3連戦。ここで波に乗りたい。今日の相手は上位のフォルリ。リーグ開幕前のカップ戦で勝利した相手です。
怪我から復帰のボネッリと前試合2ゴールのグランディで2トップを組みます。
5バックで引いてくる相手をなかなか崩すことができなかったが、なんとか1点を奪うとそこからはこちらのペース。
しっかりとコントロールし相手にボール保持を許さなかった。そしてグランディの追加点で勝負あり。終わってみれば2-0の快勝。


12月22日(日) レガ プロ セコンダA 17節 ベッラーリア(9位 勝ち点23)vsクーネオ(12位 勝ち点20)
Bellaria.2013.12.22

2013年最後の試合。前の試合と同じメンバーで挑みます。
前半は攻撃がうまくいかず0-0で折り返したが、後半開始すぐにコーナーキックからの得点で先制すると
ベッラーリアペースに。安定した試合運びを見せ追加点も奪い快勝。久しぶりの連勝で昇格圏内の8位へ浮上。

Bellaria.2013.12.22(2)

メディアからお褒めの言葉が。しかし20試合中9試合勝利でも素晴らしい結果といってくれるんですねw


Bellaria.2013.12.25

数少ない契約選手ピサヌがキラーパスを習得。ここまであまり出番がなかったがこれで増えそう。


Bellaria.2014.1.2(2)

ここから2014年。移籍期間の始まりです。最初の移籍期間に資金を割り当てないを設定してたのでこれがお金の動く初めての移籍期間です。


Bellaria.2014.1.2

左、右と問わずサイドで試合に出続けてきたスツェパニクが負傷。2週間とわりと軽傷ですが痛いです。


1月5日(日) レガ プロ セコンダA 18節 ベッラーリア(8位 勝ち点26)vsブラ(18位 勝ち点13)
Bellaria.2014.1.5

年明け最初の試合。一回りしたのでここから2周目です。相手は最下位のブラ。前回の戦いはアウェイでしたが勝利しています。
MFスツェパニクが怪我のために欠場。MFサンティアゴを左サイドに回してトップ下の位置にはピサヌを起用してみました。
試合はとても退屈な展開。FWボネッリの獲った1点を守りきり勝利。ホーム3連戦を3連勝!あと雨のエフェクトをじっと見てたら気分が悪くry


冬の補強             

①昨季成績②通産成績(レガ プロ セコンダ)③個人タイトル受賞歴④代表出場大会⑤クラブ経歴
⑥性格⑦プレイスタイル⑧コメント

MF マックス・ラインターラー (新加入・完全)
Reinthaler(2013-2014)
①0試合/0得点/-アシスト/評価点‐/②0試合/0得点/0アシスト/③-④-
⑤Udinese-U19-Gersthofen(GER)
⑥ややプロフェッショナル⑦なし⑧ゲーム内のU-19イタリア代表に選ばれていた小柄なボランチ。ドイツ系かな?

MF グレゴリー・ジャンドレイ (新加入・期限付き)
Gendrey(2013-2014)
①0試合/0得点/-アシスト/評価点‐/②0試合/0得点/0アシスト/③-④-⑤Evolucas(GLP)-Vannes OC(FRA)-
AFC Compiègne(FRA)-Olympic Charleroi(BEL)-Paris FC(FRA)-Eter(BUL)-Amiens SC Football(FRA)
⑥バランス⑦左サイドをドリブルする⑧グアドループ代表の左SH。優れたフィジカルを持ち即戦力として期待。

FW ローペ・リスキ (新加入・期限付き)
Riski(2013-2014)
①25試合/5得点/-アシスト/評価点‐(フィンランド1部)/②0試合/0得点/0アシスト/③-④-
⑤TPS U-19(FIN)-ÅIFK(FIN)ーTPS-Viikingit(FIN)-TPS-Cesena-TPS-Cesena-Hønefoss(NOR)-Cesena-TPS-Cesena
⑥やや野心的⑦なし⑧フィンランド人FW。スピードとシュート精度が武器。昇格への切り札となれるか。

FW ティボー・アレ (新加入・期限付き)
Alet(2013-2014)
①0試合/0得点/-アシスト/評価点‐/②0試合/0得点/0アシスト/③-④-
⑤Rodez Aveyron Football U-19(FRA)-Rodez Aveyron Football
⑥やや紳士的⑦相手ゴールに背を向けてプレイする⑧フランス人の電柱系FW。得点力不足解消に貢献できるか。

期限付きを中心に4選手を補強しました。どのような活躍を見せてくれるでしょうか。

 

Bellaria.2014.1.10

期待を裏切り続ける左サイドハーフ、ヴィタリーが重傷。同じ左サイドハーフのジャンドレイを補強したので問題はないかな?



1月12日(日) レガ プロ セコンダA 19節 デルタ・ポルト・トッレ(4位 勝ち点30)vsベッラーリア(7位 勝ち点29)

Bellaria.2014.1.12

相手は前回ホームの対戦時には勝利したデルタ・ポルト・トッレ。4位と上位のチームです。
さっそく補強したMFジャンドレイとFWアレを先発起用。FWリスキとMFラインターラーもベンチ入り
敵地で試合を優位に進めるも決定力を欠きドロー。新加入組は加入早々のインパクトとはいかなかった。
まぁ苦手のアウェイで勝ち点1を持ちかえったから良しとしよう。


Bellaria.2014.1.13

センターバック中央で先発しているハーリスが負傷。2週間と短いですがその間の守備が心配です。


Bellaria.2014.1.15

MFアルサメンディアが出場機会に関する不満を吐いたので返却することに。余計なトラブルは背負わない方針ですw


1月19日(日) レガ プロ セコンダA 20節 ベッラーリア(7位 勝ち点30)vsスパル(2位 勝ち点35)
Bellaria.2014.1.19

前回アウェーの対戦時は敗れているスパルとの対戦。FWにリスキ、アレの2トップ、左サイドハーフにジャンドレイ、
ボランチのキマコンのところにラインターラーを起用。補強組そろい踏みとなった。あと怪我のハーリスに代えデル・ピヴォが先発。
前半早々、いきなり個人技でやられるとそこからもうボロボロな展開に。結果ワーストの4失点を喫しホームで悔しい敗戦。
流石上位チームは強いと思わされる結果になってしまいました。


1月26日(日) レガ プロ セコンダA 21節 アレッサンドリア(16位 勝ち点22)vsベッラーリア(7位 勝ち点30)
Bellaria.2014.1.26

怪我から復帰のMFスツェパニクを右サイドに起用、アレとボネッリの2トップでアウェイのアレッサンドリア戦に臨む。
早い時間に先制を許し嫌な立ち上がりとなるが、アレのゴールで追いつき前半を1-1で終える。
そして後半も終わりに差し掛かった頃になぜかゴールラッシュが始まり結果4-1の快勝!
アウェイでこんな勝ち方をしたのは初めてです。


Bellaria.2014.1.27

DFマイコンもアルサメンディアと同じ理由で返却。控えながら怪我とかゴールとかそこそこ印象に残る選手でした。



Bellaria.2013-2014 12~1A

5勝1分2敗と好調!アウェイのレアル・ヴィチェンツァ戦の敗北の次のホーム3連勝が印象的。

ここを落としていたらズルズルと落ちて行っていたと思うので流れを掴むことができて良かったです。


1月終了時点のレガ プロ セコンダA順位表
Bellaria.2013-2014 21pld

ベッラーリアは好調で今季最高の6位につけています。しかしプレイアウト圏内のチームともそんなに勝ち点が離れていないので気を抜くことは一切できません。

 

次は2月、3月の戦いの様子をお伝えします。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。