上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Russian Premier league 2023-2024

優勝は我らがトルペド・モスクワ。開幕からの12連勝からそのままシーズンを通して好調を維持し悲願を達成することができました。

2位はスパルタク・モスクワ。今年調子はイマイチでしたがそれでも2位にしっかりとつけてくるのは流石名門クラブと言ったところでしょうか。

ELに出場するのはアンジ、クリリヤ・ソヴェトフ・アラニア・ゼニトの4クラブです。クリリヤ・ソヴェトフやアラニアといったクラブがここ数年間存在感を増してきつつあります。

一方で、ゲーム開始時点では強豪と言えたようなルビンやモスクワ勢がここ数年パッとしていません。こういう勢力図の変化がFMの面白いところですね。

プレーオフに回ることになったのは、アムカル・ペルミとモルドヴィア。どちらも2部チームを下し来季のプレミアのイスを確保しました。

残念なことに降格してしまった2クラブはロートルとシビル。しかし本当に昇格クラブは残留できないなぁ。

 

 

Torped.2023-2024kojin

リーグの個人成績です。

平均評価ランキングは相変わらずのCB無双。FM2014の現行Verもこんな感じと聞いたんですがどうなんでしょう。(買ったけど全然プレイしてなry)

得点王争いは団子状態で3人が得点王のタイトルを獲得しました、トルペドのエースFWレベデフが16得点で3位につけています。

そのほかにはコピロフがアシスト10個で4位、トルペドの優秀なボランチの選手たちがパス成功率やタックル率でランクインしています。

 

 

Torped.2023-2024 kojin(torped)Torped.2023-2024 kojin(torpedEurope)

次にクラブ内の個人記録。(左がリーグ戦、右がCLのヤツです。)

GK 今年もカノが安定したパフォーマンスを見せた。

DF CBはいい感じ。SBではカダオンがリーグ、カップともに絶好調だった一方でフェルナンデスは微妙な出来だった。

MF ボランチ、センターハーフともにみな良いパフォーマンスを見せた。特に新加入のグアリーニは攻守ともに大きな貢献を見せた。

   2列目の選手はレギュラー、ベンチともに好調で得点に絡むシーンも多かった、コピロフは9ゴール10アシストとチームを引っ張った。

   また、スーパーサブのエルバのなにかやってくれる感が以上でシーズンを通してかなり頼ってしまったw

FW レベデフが16得点とエースっぷりを遺憾なく発揮。オケチュクも代表等で良く離脱したがところどころで良い仕事をしてくれた。

 

Torped.2023-2024 bestelevenTorped.2023-2024 besteleven2

こちらは今年のベストイレブンです。トルペドの選手はカノとカダオンという後ろの選手二人だけ。優勝したのにこれはちょいと寂しい。

左サイドハーフの選手とセンターハーフの右側の選手はFWの選手です。ベストイレブンだから仕方ないけどすごいバランス悪そうなチームw

 

次に他のリーグの結果を紹介していきます。

 

イングランド・プレミアリーグ

Tor Premier League 2023-2024

マンチェスターUが2016-2017シーズン以来の優勝。久しぶりにプレミアの舞台に戻ってきたポーツマスは年間3勝しかできず最下位に終わり残留を果たせなかった。

リーガ・エスパニョーラ

Tor Liga Española 2023-2024

バルサが独走で2連覇達成。そこにいつものようにレアルが続きます。ソシエダは躍進を果たし6位。アトレティコ・マドリーは低迷し14位に終わった。

セリエA

Tor Serie A 2023-2024

今年はユヴェントスが優勝。ウディネーゼがそこに続きます。インテルは2年連続で10位に。昨年6位のエンポリは選手を抜かれに抜かれた結果17位まで落ちた。(グアリーニ引き抜いてゴメン。)

ブンデスリーガ

Tor Bundesliga 2023-2024

バイエルンが独走で3連覇。昨年と同じようにそこにドルトムント、CL王者シュトゥットガルトと続きます。ブレーメンがエレベータークラブ化してて悲しい。

リーグ1

Tor League1 2023-2024

止まらないPSGが11連覇達成。サンテティエンヌも強さを見せたが止められず。かつての強豪クラブが中下位に固まっている印象を受けます。

ロシア2部

Russian 2 2023-2024

クバンが優勝、トム・トムスクが2位でこの2チームが昇格に成功しました。3位のルチにはなんとなく昇格してきてほしかった。後最下位のチームが凄い勢いでカモられてますね…。

CL

Tor CL 2023-2024

シュトゥットガルトが我らがトルペドに勝利しビッグイヤー獲得。しかし地味(ry

EL

Tor EL 2023-2024

セビージャがグラナダとのリーガ対決を制し優勝。レッドスターの躍進が気になります。

 

2023-2024シーズンのまとめ

Torped.2023-2024 result

今シーズンの結果はこんな感じ。

クボークロッシは準決勝で敗退しベスト4に終わるも、リーグ戦では2位力にようやく打ち勝つことができ初優勝。

チャンピオンズリーグでは最後で敗れたものの準優勝とかなり充実したシーズンになりました。

時期的にFM2014が発売して大分経つのでもうこのシーズンでトルペド・モスクワ編は終了ということにします。

CLの決勝で勝ち有終の美としたかったところですがまぁ最後の準優勝というのもシーズン2位になりまくったこの12シーズンを象徴しているようで良いと思いますw

 

次回、このトルペド・モスクワ編の簡単な振り返りをしてこの企画を〆たいと思います。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。