上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Russian Premier league 2022-2023

優勝はスパルタク・モスクワ。スタートダッシュには失敗しましたがその後の監督交代が功を奏し驚異的なペースで勝ち点を積み上げていき優勝。これが勝者のメンタリティか。

2位は我らがトルペド・モスクワ。これで5年連続6回目の2位。もはや何も言うまい。

ELに出場するのはアンジ、CSKAモスクワ、クリリヤ・ソヴェトフ、ヴォルガールの4クラブです。昨シーズン中位で終わったクラブの活躍が目立ちます。

プレーオフに回ることになったのは昨季5位でELにも出場していたアラニアとクバン。アラニアは地力を見せ勝利し降格を回避したもののクバンは敗れ1年での2部降格が決定。

自動降格したのはクラスノダールとヴォルガ。入れ替え戦で降格したクバンと合わせ今季昇格のクラブはすべて1年で2分に逆戻りすることになりました。

 

 

Torped.2022-2023 kojin

こちらはリーグの個人成績。平均評価1位は相変わらずCBの選手です。

そして得点王はトルペドのエースFWレベデフ。昨季の不振(2得点)から見事な復活を遂げ自身2度目の得点王獲得です。

トルペドの選手では評価点4位と5位にフェルナンデスとウェンデル、アシスト2位にコピロフの名前があります。

 

 

Torped.2022-2023 kojin(torped)

次にクラブ内の個人記録です。ポジションごとに見ていくと

GK 今年もカノが故障もなくシーズンを通しゴールマウスを守った。

DF CB,SBの選手ともに良い出来でリーグ2位の堅守を支えた。

MF ボランチの選手は皆好調で誰を起用すべきか迷うほどの出来だった。
   一方で2列目の選手の決定力が今シーズンは微妙で、それで勝ち点をいくつか失っていると感じた。

FW 復調したレベデフが18得点で得点王に輝き、さらにもう一人のカリニチェンコも欧州大会で活躍し文句ない出来だった。
    なんかもう一人いたような気がするけど気にしない。

 

Torped.2022-2023 bestelevenTorped.2022-2023 besteleven2

こちらはリーグのベストイレブンです。優勝したスパルタク・モスクワの選手が最多で4人も選出されています。

一方2位のトルペドからはコピロフ一人だけと寂しい感じ。得点王獲ったんだからレベデフ入れてくれてもいいのに!

そのほか、EL出場権を獲ったクラブからきれいに1人ずつ選ばれています。

そしてなぜか8位と中位に終わったゼニトから2人が選出されていますw

 

次に他のリーグの結果を紹介していきます。

 

イングランド・プレミアリーグ

Tor Premier League 2022-2023

スパーズが優勝。そこにマンチェスター勢、チェルシー、アーセナルとお馴染みのクラブ続いていきます。そしてこのリヴァプールの10位率の高さ。

 

リーガ・エスパニョーラ

Tor Liga Española 2022-2023

バルサが昨季に引き続き優勝。今季途中に8位と低迷しオファーを出してきたセビージャは最終的に3位と持ち直したようです。よかったよかった。

 

セリエA

Tor Serie A 2022-2023

今年はウディネーゼが優勝でナポリが2位でユーヴェは3位。そして降格チームの面々がカオスなことに。

 

ブンデスリーガ

Tor Bundesliga 2022-2023

バイエルンが連覇。ドルトムントが2位。ザンクト・パウリがここ数年安定して高い順位につけてきています。

 

リーグ1

Tor League1 2022-2023

自重しないPSGが10連覇達成。昨季微妙だったリヨンとリールが復調しCL出場権を手にしています。

 

ロシア2部

Russian 2 2022-2023

モルドヴィアが優勝、シビルが2位で自動昇格。3位のロートルは入れ替え戦で勝利し昇格決定。なんか変わり映えしないメンツだなー。たまには別のとことも上がってこないかな。

 

ここ数年CLとELの結果を貼ってなかった事に今気づきました。これからは気をつけます。(多分ぜんぜん勝ててなかったせい)

 

CL

Tor CL 2022-2023

トルペドを破ったマンUがレアルを下し優勝。つまりトルペドは(ry

 

Tor EL 2022-2023

PSVがスパルタク・モスクワとのPK戦を制し優勝。リーグ終盤の過密日程のなか頑張ったスパルタクにあっぱれ。

 

2022-2023シーズンのまとめ

 

Torped2022-2023 result

今シーズンはこんな結果でした。

リーグ戦では終盤まで首位を守るもスパルタクにぶち抜かれ優勝を逃し、

クボークロッシでは馬鹿なベンチ入り禁止処分で勝利を逃すという国内では散々な1年でした。

しかしCLでは初のグループリーグ進出に成功しさらに突破と大きな一歩を踏み出しました。これは数少ないポジティブな要素と言っていいでしょう。

そして偶然でしょうがクボークもCLもトルペドに勝ったチームが優勝を果たしていますねw

来季こそはもう本当にリーグ優勝を…。もう何度目だろうかこの決意表明は('A')

スポンサーサイト

コメント - 2

sh.ph  2013, 11. 14 (Thu) 09:20

今シーズンの降格チーム凄いですねぇ……。アスレチック・ビルバオ、ローマ、ミラン……。ネタにはなるけど悲しいぞ!w
現実に所属してるような一流選手なんて誰も居ないんだろうなぁ……。

編集 | 返信 |  

わわらば  2013, 11. 18 (Mon) 23:29

>sh.phさん

長く同じ箱庭でやるとどうしても凋落してしまうクラブが出てきますよねー
現実に所属している一流選手は、ミランとかは全然いませんでしたが
ビルバオではミケル・サン・ホセやエレーラといった選手がまだ主力としてプレーしてたみたいです。
現実で所属してない有名選手?だとローマにベルトラッチとクリセティグ、カターニアにブラネスクがいましたw

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。